らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2005年12月30日

ステロタイプの思考ポーズ

inuyashathought.jpg

機動戦艦ナデシコ 23話 『故郷』と呼べる場所
nadeshico.jpg
大勢の客の注文を一度に処理する、ミスマル・ユリカ

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 1.15 機械たちの時間
koukaku.jpg

「僕は嘘しかつかない」 という自己言及のパラドックスを解くように迫られて、ステロタイプの思考ポーズで、考え込むオペレーターロボット。

ところで、この「僕は嘘しかつかない」という自己言及のパラドックスは、ギリシアの「エピメニデス(前6世紀)」が最初に提示したものだと言われています。
そして、その最も有名な例が、新約聖書の「クレタ人は嘘つきである。とクレタ人は言った」です。

新約聖書 テトスへの手紙 1.12-1.13

彼らのうちの一人、預言者自身が次のように言いました。
「クレタ人はいつもうそつき、悪い獣、怠惰な大食漢だ。」
この言葉は当たっています。


仮に、「クレタ人は嘘つきである」ということが事実ならば、嘘つきのクレタ人が本当のことを言ったことになってしまいます。逆に、実際は「クレタ人は正直者」であるならば、正直者のクレタ人が、「クレタ人は嘘つきである」と、嘘を言ったことになってしまいます。

R.O.D -READ OR DIE 3 読子さん、ピンチですよ。
rod.jpg
ウェンディ・イアハート

参照リンク
真の哲学体系を求めて
第9章 エピメニデスのパラドックスの真の解法



第10話 涼宮ハルヒの憂鬱IV 
haruhi.jpg
朝倉涼子

第11話 涼宮ハルヒの憂鬱 射手座の日
haruhi11.jpg

涼宮ハルヒは、艦隊による交戦の前に次のようなことを言います。
本日天気晴朗なれど波高し、皇国の興廃この一戦にあり。・・・
これは、日露戦争の時に、日本海軍連合艦隊とロシア海軍バルチック艦隊との間で行われた、日本海海戦の時の通信の模様です。

本日天気晴朗なれど波高し
これは、秋山真之が、日本海軍連合艦隊の旗艦「三笠」から大本営に向けて打った電報です。
皇国の興廃この一戦にあり
この部分は、東郷平八郎元帥が、旗艦「三笠」から、全艦に向けて発した指令で、これは、Z旗による信号が用いられました。

ところで、ハルヒは、コンピュータ研の会長とのやりとりの場面で、
神聖にして不可侵な象徴たる存在、それがSOS団の団長なの・・・
と、キョンに力説していますが、これは、大日本帝国憲法 第3条(神聖不可侵)
天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス
というものと、現在の日本国憲法 第1条(天皇の地位)
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
とが組み合わされているようです。

参考 日々の雑文
http://www.k2.dion.ne.jp/~aki-kan/C10_3.htm

2006/6/20 追加


みなみけ おかわり 9杯目 桜場コハル テレビ東京
そろそろ苦しい? ひみつのマコちゃん

内田ユカ
内田ユカ

2008/3/5 追加
posted by ranma at 22:29 | TrackBack(0) | 犬夜叉 について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

好きすき大好き

らんま1/2 12.11 愛のさば折り 高橋留美子 小学館
ranma12.11.jpg

うる星やつら ワイド版 13.02 兄妹★愛の闘い;後編 高橋留美子 小学館
ruseiyatsura13.02.jpg

ダストスパート 行方不迷路の巻 高橋留美子 小学館
ダストスパート
2007/12/03 Yuzuhaさんに教えていただきました。

戸川純 好きすき大好き 2006年2月22日発売
sukisuki.jpg

Kiss me 殴るよに 唇に血が滲む程
Hold me あばらが音を立てて折れる程
好き好き大好き 好き好き大好き 好き好き大好き
愛してるって言わなきゃ殺す

posted by ranma at 00:45 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

らんま1/2 E.T.

らんま1/2 12.09 ついてこないで 高橋留美子 小学館
ranma12.09.jpg

うる星やつら ワイド版 12.20 活魚つかみどり(いけうおつかみどり)
高橋留美子 小学館

uruseiyatsura27.07.jpg

E.T. 監督: スティーヴン・スピルバーグ
B00005R22Y.09.LZZZZZZZ.jpg

参照リンク
「うる星やつら」の博物誌 エクストラ・テレストリアル
posted by ranma at 22:37 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

キューちゃんと、ピッドちゃん

らんま1/2 12.08 キューピッドの罠 高橋留美子 小学館
ranma12.08a.jpg

キューピッドシスターズにちなんで、レジャーランドのお風呂の湯の取り口は、キューピッドになっているようです。
ranma12.08b.jpg

ここには、キューピッドが4人描かれているのですが、でも本来キューピッドは1人だけしかいません。どうやらこれらは、エンゼルとキューピッドが混ざり合っているようです。

キューピッドは Cupid クピドの英語読みですが、ギリシア神話では、エロース(Eros)と呼ばれる愛の神様で、刺さると恋に落ちる矢と、嫌いになる矢の二種類の矢を持っています。一般にキューピッドは、ビーナスの息子とされていますが、この世界が出来た最初の頃に生まれたという説もあるようです。また、愛は盲目ということから、盲目として描かれることもあります。

エンゼル(angel)は、キリスト教の天使(神様の使い)のことで、キューピッドとは全く関係ありません。もちろん、高橋留美子氏は、このことを知った上で描いているのです。

うる星やつら ワイド版 12.12 愛の使者どすえ (キューピッドどすえ) 
高橋留美子 小学館

UruseiYatsura12_12.jpg

春 ボッティチェリ (画像をクリックすると拡大します)
primavera.jpg

真ん中にいる女性がビーナスで、空の上にいるのがキューピッドです。

うる星やつら ワイド版 04.13 ああ、図書館 高橋留美子 小学館
UruseiYatsura04.13.jpg

うる星やつら ワイド版 06.25 食べれば恐怖!! 高橋留美子 小学館
UruseiYatsura06.25.jpg

ビーナス誕生 ボッティチェリ
Sandro_Botticelli.jpg

受胎告知 ボッティチェリ
annunciation.jpg

同じボッティチェリの作品ですが、こちらは、大天使ガブリエルが、聖マリアに、キリストを身ごもったということを告げているところです。

これは、森永のエンゼルです。
morinaga.jpg

参照サイト
「うる星やつら」の博物誌
http://www.geocities.jp/urubosi82/txt/04_13.html
http://www.geocities.jp/urubosi82/txt/06_24.html
らんま/考 風神雷神図とビーナス誕生
http://ranma.seesaa.net/article/21784564.html
posted by ranma at 02:03 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

「犬夜叉」お姫様の結婚の条件

「うる星やつら」 や 「らんま1/2」 でも、「お姫様の結婚の条件」というモチーフが使われていたのですが、犬夜叉 でもこのモチーフが使われています。

犬夜叉 01.08 帰還 高橋留美子 小学館
inuyasha01.08a.jpg

inuyasha01.08b.jpg

犬夜叉は「火鼠の毛で織った衣」を、かごめに被せてあげます。「火鼠の毛で織った衣」とは、竹取物語に出てくる「火鼠の皮衣(かわぎぬ)」のことですが、これはかぐや姫が結婚の条件として、阿倍御主人(あべのみうし)に持ってくるようにと言いつけた品です。

竹取物語では、阿倍御主人(あべのみうし)は、大金をはたいて中国からこの品を取り寄せますが、これを火にくべてみたところ、あっさりと燃えてしまいこの品が贋物であったことが判明します。

犬夜叉 02.03 魂移し(たまうつし) 高橋留美子 小学館
inuyasha02.03b.jpg

犬夜叉がかごめに被せてあげた衣は、結羅(ゆら)の鬼火髪(おにびぐし)にもびくともせず、かごめを守ります。

つまりこれは、犬夜叉がお姫様の結婚の条件をクリアしたということに他なりません。



ところで、火鼠の皮衣は、中国の崑崙山(こんろんざん)で産するという、火浣布(かかんふ)のことではないかと言われています。崑崙山は、弱水という川と、炎を噴出する山に囲まれていて、山の上の動植物は、火炎の中で生まれ大きくなるそうです。これらの動植物などから作られたのが、火浣布(かかんふ)であると言われています。(捜神記)

しかし、この火浣布(かかんふ)は、実際は石綿のことだったのではないかといわれています。マルコ・ポーロの東方見聞録の、ギンギンタラス地方の記録に、西洋では、サラマンダーの毛から作られるといわれている燃えない衣は、実は鉱物から作られたものである。と書かれています。そして、この布が汚れたならば、火にくべると汚れだけが燃えて、布は雪のように真っ白になる。と書かれています。

更に、江戸時代には、平賀源内が石綿からこの布を作り、「火浣布略説」という本を書いています。

火浣布略説 平賀源内

火浣布。また、火毳(かせい)ともいう。「浣」の字、「瀚」の字に同じく。
物を洗うことにて。この布汚るるときは、火に入れて焼けば、垢は悉く焼落て布は少しも損ぜず。さながら火にて浣(あらう)がごとくなるゆえ、名づけて、火浣布という。
・・・・
神異経(しんいきょう)にいわく、南荒(なんこう)の外、火山あり。長さ三十里、広さ五十里。其の中、皆、燃えざる木を生ず。昼夜、火燃ゆ。嵐、風、強き雨にも消えず。火中、鼠あり、重さ百斤。毛の長さ二尺余。細いこと糸のごとし。これを以って布に作るべし。常に火中に居れば、色赤し。時々外に出て色白し。水を以ってこれをすすげば即、死す。其の毛を織りて布とす。火浣布と名づく。
・・・・
この物、唐土にては識ることを知らず。ただ西域より希に渡りたるもの故。唐人も知らずして。或いは、火山蕭丘(しょうきゅう)にある火鼠の毛。または、木の華。或いは木の皮等にて織りたるものといえるは、大なる誤り也。蕭丘(しょうきゅう)、火山、火ありて常に燃ゆれども。是は即ち陰火(いんか)また、寒火(かんか)ともいいて、常の火のごとく物を焼く火にあらず。抱朴子(ほうはくし)に曰く。蕭丘に自然の火あり。一種の木を生じて、小さく焦げて黒し。陸游(りくゆう)が曰く。火山軍其の地、鋤耘(すきくさぎり)て、深く入れば、烈焔(ほのお)ありて種植(さくもつ)を妨げずと。

按ずるに、我が邦、越後妙法村に出る火の類にして。物の焼かざる陰火なり。其の陰火中に生じたる、鼠にもあれ、木にもあれ、常の火に入るときには焼かざるといういわれなし。然(そ)を理に暗き唐人ども。火に陰陽の二火ある事に心つかず。もとより火浣布は、外に一種の物を以って製する事を知らざる故。かかる不稽(ふけい)の説をなす。大いに笑うべきにたへたり。

又、我が邦にては、古(いにしえ)より名のみ伝えて、其の物を見し者もなき故に、竹取物語にも火鼠(ひねずみ)の裘(かわころも)とて至ってなきものの譬えとすれば、我が邦もとより其の形状(かたち)を見る者さえなし。

予この物、織べき事を考え出して。過し申(さる)の如月(きさらぎ)半(なかば)、創(はじめ)て製(せい)し出す。同じ年の三月、紅毛人(オランダじん)、東都に来る。官儒青木先生対話の序を得て紅毛人に見せけるに。カビタン・ヤンガランス、書記・ヘンデレキ・デユルトウフ、外科・コルネイレス・ポルストルマン。など大に驚いて曰く。この品、紅毛天竺をはじめ世界の国々にても織法を知らず。トルコランド、という国に昔、一人ありて織出せしが、かの国、乱世続きて織伝を失えり。故にこの物絶えて希なり。

火浣布の名を、ラテイン語にて、アミヤントス。また、アスベストス、ともいえり。ラテイン語とは、紅毛国の雅言(がげん)なり。常の紅毛語にては、ステインフラス。又、アアルドフラス、ともいえりと。委しくは、しかつとこうむる。デル・ゲネイシエン・ナテユウル・トンデキサアカ・ウヲイト。一名レキシトン・ハン・ウヲイト、といえる紅毛の書に出たり。
・・・・

(読みやすいように少し手を入れました。)
早稲田大学図書館 古典総合データベース
http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/bunko08/bunko08_c0288/

こうしてみると、本来、火鼠の皮衣(かわぎぬ)の色は、純白ですから、犬夜叉の着物よりも殺生丸の着物に近いようです。(竹取物語では、金青(こんじょう)とある)

しかし、こんなところで、「アスベスト」という言葉が紹介されていたとは・・・


余談ですが、竹取物語は、結婚の条件をモチーフにした話ですから、本来ならば、大伴御行(おおとものみゆき)が、龍の首の玉をとってきて、かぐや姫と結婚するというのが、本筋なのですが、どういうわけか彼も龍退治に失敗してしまいます。

参照リンク
「うる星やつら」の博物誌 かけめぐる青春
「らんま/考」 お姫様の結婚の条件
posted by ranma at 03:30 | TrackBack(0) | 犬夜叉 について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

らんま1/2 なにかふんづけた? (35番勝負)

らんま1/2 12.06 遅刻させまーす 高橋留美子 小学館
ranma12.06a.jpg

ranma12.06b.jpg

犬夜叉 02.04 半妖(はんよう) 高橋留美子 小学館
inuyasha02.04a.jpg

inuyasha02.04b.jpg

校長もかなりひどい目にあっていますが、冥加は、ブチと潰されているので、これは かごめ の方が凄いでしょう。

35番勝負 10勝16敗9分け
posted by ranma at 20:16 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

らんま1/2 らんま ミュージカル

ranmamusical.jpg

http://www.viruete.com/articulos/2005/expomanga2005_porno.htm

上のサイトの写真をクリックすると、動画がDLできます。(この動画を再生するには、DivX が必要です。)

時間帯によっては、とても時間がかかるので、画質と音質を落としたものを以下にUPします。(これは、wmv にしましたので、そのまま見ることができます。)
ranma_musical01.wmv 2.6M

参照サイト
http://mangaku.tatakae.com/historia.htm
posted by ranma at 01:04 | TrackBack(0) | 「らんま1/2」欧米では? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

らんま1/2 大リーグボール1号

らんま1/2 12.05 一発逆転 高橋留美子 小学館
ranma12.05.jpg

これは、巨人の星のオズマですね。

巨人の星 7 ようこそカージナルス 梶原一騎・川崎のぼる (講談社漫画文庫)
kyojin07.01.jpg

なぜ、オズマかと言いますと、
ranma12.05b.jpg

この、「予定通りのところにない。」というのが、星飛雄馬(ほしひゅうま)の大リーグボール1号に対して、オズマのとった作戦だったのです。

kyojin07a.jpg
kyojin07b.jpg

大リーグボール1号は、打者のバットに当ててしまうという魔球なのですが、オズマは、バットから手を放してバットを地面に落とし、この魔球を破ります。しかし、飛雄馬(ひゅうま)も負けてはいません。この対策として、手を放して落ちて行くバットにボールを当ててしまいます。

そして、9回表の対戦、飛雄馬の投げたストレートをオズマが打ち損じたところから、飛雄馬はオズマの次の作戦を予測します。

「オズマが打ち損じたのは、グリップの握りが甘かったからで、それは、オズマが投手に向かってバットを振り投げようとしていたからだ。」と、飛雄馬は予測するのです。それが次のシーンです。
kyojin07c.jpg

ところで、この、「見た! 読んだ! 予測した!」というのは、ジュリアス・シーザーの有名な戦勝報告書、「来た、見た、勝った」
(veni,vidi,vici.ウェーニー・ウィーディー・ウィーキー) からとられているのだと思います。

ついでですが、ジュリアス・シーザー というのは、Julius Caesar の英語読みで、本来は、(ユリウス・カエサル)と、ローマ字読みをします。(この場合時の「J」 は、ヤ(Ja)、ユ(Ju)、 ヨ(Jo)、というような読み方をします。)


テレビアニメの、大リーグボール1号については、島本和彦先生がラジオで熱く語られていました・・・
「島本和彦のマンガチックにいこう! STVラジオ」mp3 800kb

参照リンク
STVラジオ
posted by ranma at 05:27 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

らんま1/2 今度はミュージカル

ネットを回っていたら・・・・こういうのが出てきました。
musicalranma.jpg

それで内容は、こんな感じだそうです。
ranmamusical2.jpg

ちなみに今度は、スペインのグループのようです。
続報を乞うご期待。

参照リンク Expomanga 05
posted by ranma at 22:31 | TrackBack(0) | 「らんま1/2」欧米では? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

らんま1/2 逆・天の岩戸 (34番勝負)

らんま1/2 11.10 剛力羽根つき 高橋留美子 小学館
ranma11.10b.jpg

めぞん一刻 01.01 隣はなにを・・・!? 高橋留美子 小学館
maison ikkoku01.01.jpg

うる星やつら ワイド版 05.14 アマテラス宴会 高橋留美子 小学館
uruseiyatsura05.14.jpg

やはり、本物には敵わないですよね・・・アマテラスの勝ちということで。

34番勝負 10勝15敗9分け
posted by ranma at 22:53 | TrackBack(0) | らんま1/2-11巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

らんま1/2 やせ我慢(33番勝負)

らんま1/2 01.07 すぐにわかるよ 高橋留美子 小学館
ranma01.07b.jpg

犬夜叉 02.03 魂移し 高橋留美子 小学館
inuyasha02.03.jpg

甥が友達に犬夜叉を売ってもらったそうで・・・というわけで、読み始めました。
初出ということで、犬夜叉の勝ち・・・。

33番勝負 10勝14敗9分け
posted by ranma at 01:59 | TrackBack(0) | らんま1/2-01.02巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。