らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2006年04月28日

らんま1/2 伝説の大技、大岡裂き!

らんま1/2 16.06 最後の選択 高橋留美子 小学館
ranma16.06b.jpg

ムースによると、あかねとシャンプーによる乱馬の引っ張り合いは、伝説の大技、大岡裂き(おおおかざき)であるという・・・

日本の江戸時代・・・子供をとりあう二人の母親がいた・・・
互いにゆずろうとせんので時の名奉行大岡越前が、ひっぱりっこして、勝った方が母でござ候あっぱれ!

だが、母の力は強し! 子供はまっぷたつに裂けてしまったという・・・。

まあ、日本では知らぬ者はない有名な話ですが・・・(^^)
実はこれに似た話は、旧約聖書にもあります。

旧約聖書 列王記上3.16−28
16 そのころ、ふたりの遊女が王のところに来て、その前に立った。

17 ひとりの女が言った。「わが君。私とこの女とは同じ家に住んでおります。私はこの女といっしょに家にいるとき子どもを産みました。 18 ところが、私が子どもを産んで三日たつと、この女も子どもを産みました。家には私たちのほか、だれもいっしょにいた者はなく、家にはただ私たちふたりだけでした。19 ところが、夜の間に、この女の産んだ子が死にました。この女が自分の子の上に伏したからです。

20 この女は夜中に起きて、はしためが眠っている間に、私のそばから私の子を取って、自分のふところに抱いて寝かせ、自分の死んだ子を私のふところに寝かせたのです。 21 朝、私が子どもに乳を飲ませようとして起きてみると、どうでしょう、子どもは死んでいるではありませんか。朝、その子をよく見てみると、まあ、その子は私が産んだ子ではないのです。

22 すると、もうひとりの女が言った。「いいえ、生きているのが私の子で、死んでいるのはあなたの子です。」先の女は言った。「いいえ、死んだのがあなたの子で、生きているのが私の子です。」こうして、女たちは王の前で言い合った。

23 そこで王は言った。「ひとりは『生きているのが私の子で、死んでいるのはあなたの子だ。』と言い、また、もうひとりは『いや、死んだのがあなたの子で、生きているのが私の子だ。』と言う。」 24 そして、王は、「剣をここに持って来なさい。」と命じた。剣が王の前に持って来られると、 25 王は言った。「生きている子どもを二つに断ち切り、半分をこちらに、半分をそちらに与えなさい。」

26 すると、生きている子の母親は、自分の子を哀れに思って胸が熱くなり、王に申し立てて言った。「わが君。どうか、その生きている子をあの女にあげてください。決してその子を殺さないでください。」しかし、もうひとりの女は、「それを私のものにも、あなたのものにもしないで、断ち切ってください。」と言った。

27 そこで王は宣告を下して言った。「生きている子どもを初めの女に与えなさい。決してその子を殺してはならない。彼女がその子の母親なのだ。」

28 イスラエル人はみな、王が下したさばきを聞いて、王を恐れた。神の知恵が彼のうちにあって、さばきをするのを見たからである。



さらに、似た話は、仏教の説話にもあります。大岡越前の話は、仏教系統の説話が中国に渡りそれが日本に伝えられたもののようです。
posted by ranma at 21:21 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

らんま1/2 女湯強行突破

らんま1/2 16.06 最後の選択 高橋留美子 小学館
ranma16.06.jpg

うる星やつら ワイド版 15.04 愛と勇気の花一輪;前編
UruseiYatusra15.04.jpg
posted by ranma at 20:43 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

らんま1/2 ヘリコプターの救出

らんま1/2 15.05 乱馬リタイア!? 高橋留美子 小学館
ranma16.05.jpg

らんまとは直接関係ないのですが、この章を読んでいて、バルト海でフェリーが沈没した時の、ニュース映像が頭をよぎりました。

1994年9月28日に、スウェーデン船籍のエストニア号が、荒れ狂うバルト海で沈没してしまったのです。大勢の人が冷たい海に投げ出されました。
救助のヘリコプターが現場に急行し、浮き輪をつけたロープが投げ込まれ、救出が行われました。

ある男性のもとに浮き輪が投げられ、男性はそれにつかまり、ヘリコプターに引き上げられて行ったのですが、途中で、下を振り返り、女性が溺れているのに気がつくと、この男性は海に飛び込んで、その女性に自分のつかまっていた浮き輪を渡し、女性を先に引き上げさせたのです。女性は無事にヘリコプターに引き上げられたのですが・・・再び海を見ると、既にその男性の姿はありませんでした。
posted by ranma at 23:09 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

犬夜叉 (Adult Swim)のCM



SwimCon 2 2007/3/5追加


Adult Swim というテレビ局のCMのようです。アダルトと言っても別に、あれな番組をやっているわけではなくて、犬夜叉などのアニメを放送しています。
アメリカでは、犬夜叉などは暴力シーンが多いために、子供の時間では放送できないようです。

http://www.adultswim.com/shows/inuyasha/index.html
posted by ranma at 23:12 | TrackBack(0) | 犬夜叉 について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

らんま1/2 ワニ渡り

らんま1/2 16.03 スクランブル二人三脚 高橋留美子 小学館
ranma16.03b.jpg

うる星やつら ワイド版 14.23 潔癖の要塞;中編 高橋留美子 小学館
UruseiYatsura14.23.jpg

ワニの上を飛び越えて行くというモチーフは、ディズニーの、「プルートの動物園」という話にもあったと思います。

UruseiYatsura14.23.jpg
Pluto At the Zoo amazon.com

この、「ワニを飛び越えて、対岸へたどり着く。」というモチーフの原型は、次のようなインドの昔話ではないかと思います。

ジャッカルとワニ
対岸の土手になっているジャンプーの実が食べたくなったジャッカルは、ワニに、お嫁さんを紹介してやるからと嘘を言って、ワニの背中に乗って対岸へと渡る。

このような話が、何匹ものワニに列を作らせて、その上をウサギが渡る。というような、ジャワやインドネシアに広く分布する話となり、そしてこの話は、海を渡って、日本にもたどりついたようです。

古事記 因幡の白兎
隠岐島(おきのしま)に住むウサギは、因幡国(いなばのくに)に渡ってみたくなった。でも泳いで渡ることはできない。そこでウサギはサメをだますことを思いつき、同族の数を比べようとサメに持ちかけて、サメを因幡国の気多崎(けたのさき)まで並ばせた。ウサギはサメの上を数えながら渡って行ったが、もう少しで対岸にたどりつこうとした時に、「お前たちはだまされたのだ」と言ってしまつたので、最後のワニに捕らえられて皮をはがれてしまう。

日本では、ワニがサメになっていますが、島根の辺りでは今でもサメのことを「ワニ」と呼ぶそうです。またこのサメは、ワニザメとも呼ばれます。
posted by ranma at 22:52 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

らんま1/2 ふるさと創生資金

らんま1/2 16.03 スクランブル二人三脚 高橋留美子 小学館
ranma16.03.jpg

1989年に、竹下登(たけしたのぼる) という総理大臣が、「ふるさと創生資金」というのをはじめました。これは、日本中の地方自治体に1億円を与え、それを好きなように使ってもよいというものでした。
各地方自治体は、その使い道に色々と頭を悩ませたようですが、「温泉を掘る。」というのが、一番人気があったようで、日本国中温泉掘削ブームが起きました。

この漫画が発表された頃が、ふるさと創生資金で作られた温泉が日本各地に誕生した時期に当たります。

例えば、平成4年には、新潟県の安塚町(現上越市) に、「ゆきだるま温泉」がふるさと創生資金で完成しています。
ここには、「ゆきだるま高原・キューピットバレイ」というスキー場もあるようです。

リンク
ゆきだるま高原 キューピットバレイ
http://www.yukidaruma-kogen.com/winter/charge/



posted by ranma at 21:21 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

らんま1/2 温泉アスレチック大会

らんま1/2 16.02 絶叫! 温泉バトル 高橋留美子 小学館
ranma16.02.jpg

今回も、うる星やつらの「ミス雪の女王」の伝統を引き継ぐプロットですが、優勝商品は、「世界各国お好きな温泉・冷泉御招待・・・」となっています。

以前、「らんまは、垂直方向ではなく水平方向に進んで行く・・・」と書いたのですが、この話を読むとまさに水平方向に進んでいます。
本来格闘マンガならば、各関門ごとにレベルアップするボスキャラがいて、それを倒して突き進み、最後の大ボスを倒すものですが、らんまでは、皆と障害物競走をしているだけです。

しかしこのことすらも、パロディーにしてしまっているところが、るーみっくワールドですね。
らんま1/2 16.03 スクランブル二人三脚 高橋留美子 小学館
ranma16.03a.jpg

リンク
うる星やつらの博物誌 04.02 「ミス雪の女王」
http://www.geocities.jp/urubosi82/txt/04_02.html
らんま1/2 スイカ割りバトル
http://ranma.seesaa.net/article/3491260.html
「らんま1/2」の水平移動
http://ranma.seesaa.net/article/3085794.html
posted by ranma at 13:19 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

お絵描きるーみっく

このたび、お絵描き掲示板を開設しましたので、どうぞ使ってやって下さい。

素敵な絵をお待ちしております。(^^)

お絵描きるーみっく
http://urubosi.s41.xrea.com/rumic/rakugaki.html
posted by ranma at 19:19 | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

らんま1/2 坊主

らんま1/2 15.11 動乱の行方 高橋留美子 小学館
ranma15.11b.jpg

この背景の絵なのですが、これは、花札の「芒(ススキ)に月」という札です。
bonzo.jpg

この札は通称、坊主(ボウズ)と呼ばれています。つまり、乱馬の毛がなくなったというのと、坊主を掛け合わせているわけですね。

花札といえば、うる星やつら エンドレスサマー でもおなじみの、任天堂が今もトップメーカーです。
「都の花」「天狗」「大統領」の三種類があるのですが、大統領が最高峰です。


ところで、この記事を書くのに、小学館の日本大百科事典で、花札の項目を見てみたのですが、次のような記述がありました。

天正{てんしよう}年間(1573〜92)オランダの水夫によって長崎に伝えられた「うんすんかるた」からしだいに変化し、江戸末期のころつくられ普及したものである。

これは、明らかに誤りですね。と言うのも、オランダのリーフデ号が日本に漂着したのは、1600年のことです。この船が日本に最初にやって来たオランダ船と言われています。
この船の航海長が、ウィリアム・アダムズ、日本名、三浦按針(みうらあんじん)です。

天正年間にカルタを伝えたのは、オランダの水夫ではなく、ポルトガルの宣教師でしょうね。まあ、ポルトガルの水夫のカルタだったかもしれませんけど。

リンク
らんま/考 らんま 1/2 格闘歌かるた
http://ranma.seesaa.net/article/6965576.html
posted by ranma at 22:08 | TrackBack(0) | らんま1/2 -15巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。