らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2006年09月29日

Lycoris radiata

My will  Spanish


lycoris.jpg

お彼岸は過ぎたのですが、今頃がちょうど彼岸花の季節です。彼岸花の学名は、
Amaryllidaceae Lycoris radiata と言うのですが、
Amaryllidaceae(ヒガンバナ科)
Lycoris(ヒガンバナ属)
radiata(ヒガンバナ種)
ということになります。日本では、Amaryllidaceae科をヒガンバナ科と言うのですが、名前からすると、アマリリス科とした方がよいようにも思えます。

Lycoris(リコリス) は、紀元前50年頃の女優の名前にちなむとされているようです。
芸名は、Cytheris といい、彼女は、アントニウス、または、ガルスの愛人であったと言われています。

参照 ラテン語徒然 ガッルス(?)断片
http://litterae.blog8.fc2.com/blog-entry-16.html
2007/11/08追加訂正

radiata は、車輪のスポークのことです。つまり、彼岸花は車輪のような花というような意味があり、・・・と、すると、犬夜叉のエンディングの彼岸花と観覧車のオーバーラップはまさに、彼岸花の学名にぴったりの描写ということになります。

kanransya.jpg

彼岸花は、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれます。これはインドのサンスクリット語の音を漢字に当てはめたものですが、日本大百科事典 小学館 の曼珠沙華の項目には、次のようにありました。

インドの仏教伝説に現れる天界の花。曼殊沙はサンスクリット語のマンジューシャカの音写。神々が下界へ意のままに雨のように降らせることから如意花{にょいか}ともよばれ、その純白の花を見る者は黒い悪業{あくごう}を離れるという。日本では秋の彼岸{ひがん}のころに墓地などに咲く赤いヒガンバナの別名となった。

しかし、これは誤りであると思います。曼殊沙華は、仏教に出てくる四華の一種の紅蓮華のことのようですから、もともと赤い花なのだと思います。

四華とは、天上に咲くといわれる四種類の花のことで、
白蓮華 大白蓮華 紅蓮華 大紅蓮華 の四種類なのですが、「大」がついているのは単に大きいという意味ですから、まあ、白蓮華と紅蓮華の二種類を考えればよいと思います。

白蓮華は、曼陀羅華(マンダラゲ)のことで、紅蓮華が、曼珠沙華(マンジュシャゲ)のことです。大日本百科事典は、曼陀羅華と曼珠沙華がごちゃまぜになってしまったのかもしれません。

中野のブロードウェーにある有名な漫画ショップ「まんだらけ」は、恐らく「曼陀羅華」から名前を拝借したのでしょうね。

曼陀羅華(マンダラゲ)は、和名ではチョウセンアサガオ・別名キチガイナスビなどともよばれるもので、学名では、Datura metel L 
このDatura(ダチュラ) には、スコポラミンというアルカロイドが含まれており、これが強力な幻覚作用を引き起こすそうです。ダチュラの幻覚作用については、村上龍のコインロッカー・ベイビーズ でもお馴染みですね。

曼珠沙華(マンジュシャゲ)にも、「リコリン」というアルカロイドが含まれており、これも猛毒です。しかしこれを水でさらすと、毒の成分がぬけ、根の部分は良質なデンプンとして食用にもなるそうです。

ところで、曼珠沙華(マンジュシャゲ)は、万葉集に壱師(イチシ)という名で登場するという説があります。

万葉集 巻11・2480番
路の辺の壱師の花の灼熱(いちしろく)く、人皆知りぬ我が恋妻を

こんにち、「壱師(イチシ)=彼岸花である。」というような説は、大日本百科事典をはじめ、広く一般に流布しているのですが、しかし、角川の古語辞典や広辞苑などでは、壱師(イチシ)のことを、「たで科の野草、ギシギシの古名。また、エゴノキ、クサイチゴなどとも・・・」と書かれているだけで、彼岸花については全く触れられていません。(これらの花は赤くはない)

実は、「壱師(イチシ)=彼岸花」説を唱えたのは、植物学者の牧野富太郎で、植物知識という本に、

『万葉集』にイチシという植物がある。私はこれをマンジュシャゲだと確信しているが、これは今までだれも説破したことのない私の新説である。

と書いているのですが、これといった根拠は述べられていません。これからすると、「壱師(イチシ)=彼岸花」説は、それほど信憑性があるものではないように思えます。

植物知識
植物知識 牧野富太郎著 講談社学術文庫


長々と、「りこりす」について引っ張ってきたわけですが、まあ、こういうのを発見したわけです。

Lycoris radiata








2006/10/05

らんま/考 彼岸花=壱師(イチシ) 説の怪
http://ranma.seesaa.net/article/25056325.html
posted by ranma at 21:35 | TrackBack(0) | 犬夜叉 について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

機動新撰組 萌えよ剣 

機動新撰組「萌えよ剣」
キャラクター原案 高橋留美子 原作 広井王子

Gyaoで インターネット配信を開始しました。
無料で見られます。
http://www.gyao.jp/anime/
posted by ranma at 20:44 | TrackBack(0) | るーみっく情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

陰からマモル! オープニングの走り

Ranma 1/2 Opening Español


アニメ らんま1/2 オープニング


陰からマモル!


これを見ると、「陰からマモル!」のスタッフの中に、らんまファンがいるのでしょうね。

ついでに、コンニャク好きの殿様のお城の襖絵に、風神雷神図がありました。

陰からマモル! アニメ 第2話 この世で斬れぬ物はなし
kaze_kaminari.jpg

リンク
らんま/考  風神雷神図
http://ranma.seesaa.net/article/3085799.html
posted by ranma at 21:55 | TrackBack(0) | らんま1/2 について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

グルメ・デ・フォワグラの正体

らんま1/2 17.02 必殺技完成? 高橋留美子 小学館
ranma17.02.jpg

先にも見たように、グルメ・デ・フォアグラは、知らぬ間に相手の口の中に自分の食べ物を詰め込んでしまうという技なのですが・・・
この必殺技を考え出したのは、小さな口(プチ・ブーシュ)という者たちでした。

らんま1/2 16.11 必殺! グルメ・デ・フォワグラ
ranma16.11b.jpg

これらのことは、日本の民話などに出てくる次の話を想起させます。

食わず女房
あるけちな男が、口の無い女房が欲しいと言っていると、本当に、口の無い女が嫁にしてくれとやってくる。男はこれは願っても無いことだと言って、その女を嫁にする。
しかし、その女を妻に迎えてからというもの、みるみるうちに、米が無くなって行く。そこで男は隠れて女の様子をうかがってみると、女は頭の後ろにある巨大な口に、握り飯を詰め込んでいた。

この話は、「らんま1/2 連獅子」で紹介した、「二口女」の類話なのですが、筒井康隆の小説にも、地球人と外見のよく似た宇宙人・・・しかし本当の口はお腹についていた。という話がありした。

水木しげるの妖怪文庫 (二) 二口女(ふたくちおんな)


らんまに出てくる、小さな口(プチ・ブーシュ) は、頭の後ろではなく、敵の大きな口に食べ物を詰め込むのですが、モデルは「食わず女房」であるように思えます。

リンク
グルメ・デ・フォワグラの片鱗http://ranma.seesaa.net/article/23087802.html
らんま1/2 連獅子 
http://ranma.seesaa.net/article/15910186.html
posted by ranma at 23:26 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

らんま1/2 グルメ・デ・フォワグラの片鱗

らんま1/2 16.11 必殺! グルメ・デ・フォワグラ 高橋留美子 小学館
ranma16.11.jpg

らんま1/2 17.02 必殺技完成? 高橋留美子 小学館
ranma17.02.jpg

グルメ・デ・フォワグラは、敵の知らぬ間に敵の口の中に、目にもとまらぬ速さで、自分の食べ物を押し込んでしまうという技なのですが、さて、らんまがこの技の片鱗を最初に垣間見たのはいつだったのか? と言いますと・・・それはもしかすると、博奕王キングとの闘いの中だったのかもしれません。

らんま1/2 15.07 逆転ギャンブラー 高橋留美子 小学館
ranma15.07b.jpg

リンク
グルメ・デ・フォワグラの正体
http://ranma.seesaa.net/article/23368545.html
posted by ranma at 01:26 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。