らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2007年01月30日

三すくみ

らんま1/2 17.06 真実の告白 高橋留美子 小学館
ranma17.06.jpg

うる星やつら ワイド版 12.13 お祓三すくみ 高橋留美子 小学館
Uruseiyatsura12.13.jpg

「三すくみ(三竦み)」とは、ナメクジとヘビとカエルが互いに牽制し合って、身動きが取れなくなる状態のことを言います。これは、中国の周の時代に、関尹子(かんいんし)という人が書いた、次の言葉によるものと言われています。

蝍蛆食蛇。蛇食蛙。蛙食蝍蛆。互相食也。・・・
ムカデは蛇を食べ。蛇は蛙を食べる。蛙はムカデを食べる。互いに食い合うのだ。・・・

関尹子では、ナメクジではなく、ムカデになっているので、これは、日本で翻訳する際に間違えたのではないか? と言われていますが、しかし日本の三すくみが、関尹子だけに由来するとは限らないと思います。

江戸の頃までは、ジャンケンの一種に「虫拳」というのがあったのですが、これは、親指が「蛙」。人差し指が「蛇」。小指が「ナメクジ」という具合です。
この虫拳がどのようにして派生したかは、詳しくは分からないのですが、関尹子の誤訳から生じたとばかりは言い切れないと思います。

例えば、文化13年(1816年)に、柳亭種彦(りゅうていたねひこ)は、虫拳を題材にその名も「三蟲拇戦(むしけん)」という小説を書いているのですが、その序で次のように言っています。

 童の戯れなる虫拳というものは、いかなる事より起りけん。涅槃経(ねはんきょう)獅子吼品(シシくほん)に、蛇と鼠と狼と、相いともに怒心(どしん)を生ずることを説かれたり。・・・・・・また、五雑俎(ござっそ)に、蛇・ムカデ・イモリ・蜘蛛のあらそう事は見えたれど、これは人の取りて、一器のうちにおさむるにて、自ら戦うにあらず。かつ、今の虫拳というものの如く、蛙(あ)蛇(だ)蜒蚰(えんゆ)の三虫闘争なす事、古き書には見えず。

注:
蜒蚰(えんゆ):ナメクジのこと。
五雑俎(ござっそ):中国の明代の百科事典風随筆集


という具合に、関尹子(かんいんし)については、全く認識されていません。

ところで、Wikipediaなどには、虫拳について、「平安時代の文献にも出て来くる」とあるのですが、文献元は明記されていませんでした。平安時代のどのような文献に出てくるのか? 御存知の方情報お待ちしております。
(一般には、ジャンケンは、近世になってから中国から伝えられたと言われています)

しかし、関尹子(かんいんし)のように、ムカデとヘビが対決する話は日本にもあります。有名な話としては、栃木県の日光の戦場ヶ原にまつわる言い伝えがあります。

 昔、赤城山の神と日光二荒山(ふたらさん)の神とが戦争をした。赤城山の神は、大きなムカデに姿を変え、二荒山の神は大蛇に姿を変えて戦った。その後、二荒山(ふたらさん)の神に、足尾の細尾峠が加勢したので、赤城の神は赤城山のふもとまで追い返された。
 赤城のふもとには、里芋畑が広がっていたのだが、二荒山の大蛇の神は、里芋のイモガラが大好物で、それを食べて更に勢いを増したのだが、赤城のムカデの神は、里芋のヌメリが苦手だったので、一層の苦戦を強いられた。しかしそこへ、上野小川(こうずけおがわ)が、赤城に加勢に来たので、赤城はその勢力を盛り返し、敵を二荒山麓まで押し返した。
 二荒のふもとには、田んぼが広がっており、赤城のムカデの神はこの藁が大好物だったために、更に勢いを増した。しかし二荒の大蛇の神は、藁が苦手だったので、より一層の劣勢に陥った。
 二荒山の神はなんとか挽回しようと、鹿島の神さまに相談すると、小野猿麻呂という弓の名人に加勢させるのがよいと教えられた。そこで二荒山の神は、猿麻呂を味方にした。
 赤城山と二荒山の決戦の日、猿麻呂は強弓を用意して、赤城山のムカデの大将の目を射抜いた。こうして、二荒山は勝ちを収め、この戦場となった地は戦場ヶ原と呼ばれることとなった。

この話の面白いところは、大蛇とムカデの二極対立に、第三者が加勢することで、優勢になったり劣勢になったりを繰り返すことです。また、その第三者は、仲間の援軍であるだけでなく、山芋や藁など、意識を持たないものであったりします。そして、「里芋のヌメリ」というのは、なんとなく、ナメクジに通じるものがあるようにも思えます。(この話では、ヌメリが嫌いなのはムカデであって、ヘビではないのですが)。

蛙・蛇・ナメクジの三すくみも、もともと、蛙と蛇の二極対立があり、そこに第三者としてナメクジが現れたというような見方もできるかもしれません。

NARUTO−ナルト アニメ 96 三すくみの戦い 岸本斉史 テレビ東京
sansukumi.jpg

児雷也豪傑譚 第11編 作:美圖垣笑顔 絵:一陽斎豊国 天保10年 1839年
jiraiya.jpg

絵本児雷也物語 永田正兵衛 秀成堂 明治23年 1890年
sansukumi0.jpg

三すくみで最も有名な話は、「児雷也(自来也)」だと思います。しかし、児雷也物語の三すくみも、実際は、児雷也 VS 大蛇丸 の二極対決に、綱手が児雷也に加勢するというタイプの話になっています。三すくみというのは、思想としては面白いのですが、物語とした場合は、動かなくなって、それでおしまいですので・・・結局は、二極対決+加勢というタイプになるのだと思います。

ところで、自来也(じらいや)という名前なのですが、これは、中国の「怪盗我来也(がらいや)」という話からとられたものです。しかし、話の内容そのものはほとんど関連性がありません。

我来也は、こいきな泥棒物語で、ルパン三世でもリメイクした、イタリア映画の「新・黄金の七人」のような、「牢獄のアリバイトリック」の話などがあります。

児雷也物語の中での児雷也の名前の由来なのですが、児雷也は子供のころ太郎という名前だったのですが、ある時、庭に落ちた雷獣(らいじゅう)を捕まえたことから、雷太郎と呼ばれるようになり、そこから、児雷也となったようです。

雷獣(らいじゅう)とは、落雷とともに、地上に落ちてきて、木々を切り裂いたりすると思われた、想像上の怪物で、身体は犬のようで、口はクチバシであるとされています。

NARUTO−ナルト アニメ 66
だてに遅れたわけじゃない!究極奥義・千鳥誕生!! 岸本斉史 テレビ東京

chidori.jpg

「うちはサスケ」に伝授した、「はたけカカシ」の必殺技「千鳥」は、その技で雷を切ったことから、雷切(らいきり)と呼ばれていますが、これは、雷獣を捕まえた児雷也にちなんでいるのでしょうね。

ここでもう少しだけ、三すくみについて考えてみたいと思います。先には、2極対決+1 の戦いを見たのですが、これとは逆の発想が、二者を対決させて、両者が弱ったところを攻めてしまおうとする、漁夫の利です。

シギがハマグリを食べようとしたところ、クチバシをはさまれてしまう。両者が争って動けなくなったところを、漁夫が簡単に手に入れた。


という話です。これらを応用したのが、諸葛孔明の天下三分の計かもしれません。

三すくみを考える上で、これらの 2極対決+1 という考え方とは別に、無限連鎖という考え方もあるのではないかと思います。例えば次のような話があります。

何度も何度も食う話

 猟師が、山で獲物を探していると、一頭の猪を見つけた。しかしよく見るとそこではこんな光景が繰り広げられていた。
 大きなガマガエルが、大ミミズを食い、その大ガマを、大蛇が食い、その大蛇を猪が食おうとしていたのだ。
 猟師は今自分がこの猪を撃てば、次は自分が何者かに殺される番だと思い、撃つのをやめた。すると、「それはよい心がけだ」と、どこからか声がした。山の神さまが一部始終見ていたのだ。


これは、中国の荘子の影響を受けた話だと思いますが、無限連鎖になっています。そしてこれを、更に一歩進めると、「鼠の嫁入り」のような、鼠→太陽→雲→風→壁 と強い者を探して行き、結局一番強いのは、鼠であった。というような、循環構造の話になります。

「鼠の嫁入り(鼠の婿取り)」の話は、鎌倉時代に、無住道暁(むじゅうどうぎょう)という人によって書かれた、沙石集に収められている話なのですが、この話はインドから中国を経て日本に伝わったものです。

現在、沙石集は、小学館の日本古典文学全集52 が、一番ポピュラーだと思うのですが、残念ながら、鼠の婿取りの話は、この本には入っていません。話は次のようなものです。

沙石集 9.14 貧窮追出事

鼠の娘もうけて、「天下に並びなき婿をとらん」とおおけなく思い企てて、「日天子こそ世を照らし給う徳めでけれ」と思いて、朝日の出給うに、娘を持ちて候。「みめかたちなだらかに候。参らせん」と申すに、「我は世間を照らす徳あれども、雲にあいみれば、光もなくなるなり。雲を婿に取れ」と仰せられければ、誠にと思いて、黒き雲の見ゆるに会いて、このよし申すに、「我は日の光をかくす徳あれども、風に吹きたてられぬれば、何にてもなし。風を婿にせよ」と云う。さも思いて、山風の吹きけるに向かいて、このよし申すに、「我は雲をも吹き、木草をも吹きなびかす徳あれども、築地(つきじ)に会いぬれば力なきなり。築地を婿にせよ」と云う。げにと思いて、築地にこのよしを言うに、「我風にて動かぬ徳あれども、鼠に掘らるる時、耐えがたきなり」と言いければ、「さては、鼠に何にもすぐれたる」とて、鼠を婿に取りけり。


この循環構造の、一番単純な形が、ナメクジ・蛙・蛇の三すくみと見るこができるのではないかと思います。

2007/02/10
posted by ranma at 08:44 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

こわれ物でつながった友情

うる星やつら ワイド版 13.17 宇宙箱(こすもぼっくす)に秘められた過去 高橋留美子 小学館
Uruseiyatsura13.17.jpg

らんま1/2 17.05 乱馬なんかいらない! 高橋留美子 小学館
ranma17.05.jpg

あかねは、なびきの白い服に醤油をかけてしまったと思って、素直に謝るのですが、実は、なびきは、あかねの服を勝手に着ていた。という話ですが、こういう点に関しては、あかねはとても素直ですよね。しかし、素直で真面目ゆえに、その後、乱馬が絡んでくると、どうしても素直になれない。このコントラストが面白いところではないでしょうか?

あかね程まじめでなく、なびき程悪魔でない、ラムや弁天のこわれ物でつながった友情くらいが、楽なような気がしますがどうでしょう。
posted by ranma at 23:06 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

犬夜叉 かごめ&七宝の値段

 kagome.bmp

アマゾンで売っている。「犬夜叉 かごめ&七宝 1/8 完成品」という商品なんですが、価格が税込みで、¥ 7,349,999 となっていました。
7百万円以上のフィギュアって・・・・(^^)


2007/01/25
どうやら、フィギュアは在庫切れになったようですね。
7,349,999円で売れたのでしょうか?(^^)
posted by ranma at 08:41 | TrackBack(0) | 犬夜叉 について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

呪泉郷

らんま1/2 01.02 らんまの秘密 高橋留美子 小学館
jusenkyo.jpg

呪泉郷に落ちると、泉で溺れた人の呪いにより、溺れた人と同じ姿(体質)に変えられてしまうわけですが、ギリシア・ローマ神話にこれとそっくりな、呪われた泉の話があります。

変身物語『サルマキス』

 マーキュリー(ヘルメス)とビーナス(アプロディティー)とのあいだに男の子が産まれ、その子を水の精たちがイダの山の洞窟で育てた。この子は、両親に生き写しの顔立ちで、名前も両親から取って、ヘルム=アプロディトスと言った。十五歳になると、彼は故里を捨て旅に出た。そして、水の底まで見通せる澄んだ泉へとやって来た。
 この泉に、サルマキスという妖精が住んでいた。彼女は、少年を見ると自分のものにしたくなり、少年に迫った。しかし少年は彼女を拒絶した。サルマキスは、立ち去るふりをして茂みに隠れた。少年が衣服を脱ぎ捨て、水に飛び込むと、彼女も衣服を脱ぎ捨て、少年に絡みつき、「神さま、どうかお願いです。いつまでも、この人とわたしを、引き離さないようにして下さい!」と祈った。
 この願いを神々は聞き入れ、二人の身体は混ざり合って合一し、一つの形になってしまった。二人はしっかりと抱き合って合体した。今や、彼らは、もう二人ではなくなって、複合体とでもいうべきものになり、女だとか男だとか称せられるものではなく、どちらでもなく、どちらでもあるという風に見えた。
 身体がふやけてしまったのを知ったヘルム=アプロディトスは、両親に訴えた。「どうか、この泉に浴した者はみんな、そこを出るときには男女となっていますように! この水に触れるやいなや、からだが柔らかくなってしまいますように!」
 両親は、心をうたれ、男女へと変わってしまった息子の言葉を聞き入れて、不浄の魔力をこの泉に与えたのだった。


呪泉郷(チョウチュアンシアン)は、中国の青海省(チンハイショウ) バヤンカラ山脈の拳精山(チユアンチンシャン)にある伝説の修行場。とされていますが、青海省・バヤンカラ山脈は、実在する地名で、崑崙山脈の支脈だそうです。

参照リンク
青海省旅行記
崑崙山脈


皆々様、本年も「らんま/考」をお引き立て下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

posted by ranma at 17:35 | TrackBack(0) | らんま1/2 について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。