らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2007年04月14日

呪泉郷三原則

らんま1/2 熱闘編 第30話 呪泉郷から来た殺し屋 フジテレビ 高橋留美子
呪泉郷三原則

呪泉郷には、呪泉郷風紀委員というのがあるそうで、呪泉郷の呪い的泉に落ちて姿を変えた人たちの、その後の生活を指導するのが、彼らの最も大切な役目だそうです。

そして、呪泉郷風紀委員が人々を指導するに当たり、よりどころとするのが、呪泉郷三原則 です。

呪泉郷三原則

呪泉郷の三原則その1
呪泉郷の呪い的泉に落ちて、変身能力を持った者は、それを悪用してはならない。

呪泉郷の三原則その2
呪泉郷の呪い的泉に落ちて、変身能力を持った者は、その能力で人に危害を加えてはいけない。

呪泉郷の三原則その3
呪泉郷の呪い的泉に落ちて、変身能力を持った者は、その1、その2の原則に違反しない限り、変身能力を使用してもよい。



これは、アイザック・アシモフの、ロボット三原則のパロディですね。

ロボット三原則 われはロボット アイザック・アシモフ 小尾芙佐訳 早川書房

第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。

第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。



以下、2007/5/13日追加

このロボット三原則は、色々な作品で、ロボットの前提条件になっていることが多く、最近では、イノセンス でもこの三原則が使われていました。

イノセンス 監督:押井守 原作:士郎正宗
イノセンス

ミス・ハラウェイによれば・・・
ガイノイドたちは、自ら故障することによって人間を攻撃する許可を作り出す。ただし、その論理的帰結として、倫理コード第三項からも解放される。



ロボット三原則は、ロボットが人間に危害を及ぼさないようにするための原則ですが、しかしそれは、「殺人や戦争にロボットを使わせないようにするための原則」というよりも、「ロボットが人間にとってかわって、この世界を支配することを、防ぐための原則」という意味合いが強いように思えます。では、なぜこのような原則が必要になったかというと、それはロボットの発生に理由があるように思えます。

一般にロボットといえば、電子部品で作られれているというイメージがありますが、1920年にチェッコのカレル・チャペックという作家が、初めてロボットという言葉を使った、「R.U.R」という作品では、ロボットは機械仕掛けではなく、現在でいうならば、バイオテクノロジーのような技術を用いて、生成された準人間というような存在だったのです。そして、そのストーリーは、人間に使われていたロボットたちが、反乱を起こして、人間を殺戮する・・・というような展開になっています。

チャペックの描いた準人間であるロボットは、視点をちょっと変えれば、奴隷とまったく同じに見えます。西洋では、古代ギリシアの時代から延々と、奴隷社会が続いていたようですが、もしかすると彼らには奴隷の反乱への恐れが、潜在的にあったのかもしれません。(チェコなどのスラブ人は、奴隷とされることもあったようですが)

ターミネーターやマトリックスなどの、機械に対する恐れは、もしかすると、奴隷の反乱に対する恐怖が、その根底にあるのかもしれません。このような観点からすると、ロボット三原則というのは、理想的な奴隷が守るべき原則というようにも見えます。

ところで、話は変わるのですが、ロボット三原則と、日本国憲法の第九条は、とてもよく似ているように思えます。と言いますか、第九条の方が、ロボット三原則よりも更に厳しい内容になっているように思えます。

日本国憲法第九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

この解釈の仕方には色々と難しい問題があるそうですが、まあ、この文章を普通に読むならば、

第一条 日本国民は、戦争をしてはならない。
第二条 第一条の目的を達成するために、日本国民は、軍事力を持ってはならない。
第三条 第一条の目的を達成するために、日本国民には、戦争をする権利は認められない。

というような感じになると思います。これとロボット三原則を比べてみると・・・

ちなみに、僕は政治的なことにはまったく興味がありません。第九条も他の話がそうであるように、比較対象としてたまたま視野に入っただけです。
posted by ranma at 02:14 | TrackBack(0) | らんま1/2テレビアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

巨大迷路

らんま1/2 17.10 愛と復讐の迷路 高橋留美子 小学館
ranma17.10.jpg

最近ではほとんど見かけませんが、1980年の後半に、巨大迷路が大流行しました。その最盛期は、1987年で全国に150近くの巨大迷路がひしめき合っていました。

らんま1/2のこの作品が発表されたのは、1991年ですから、ブームは既に去っていましたが、それでもまだ、人々の記憶には巨大迷路ブームの面影が残っていた時期です。


らんま1/2 熱闘編 第30話 呪泉郷から来た殺し屋 フジテレビ 高橋留美子 2007/05/27 追加
hotwater30.jpg

例によって、良牙が道に迷っているのですが、今回は、「迷路」の中に迷いこんでしまったようです。

この話が放送されたのは、1990/6/8 ですから、原作漫画よりも、少し先だったということになります。

参照リンク
日経TRENDY 1987年ランキング
posted by ranma at 20:49 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

完璧なおわび

らんま1/2 17.09 ごめんな あかね 高橋留美子 小学館
ranma17.09.jpg

うる星やつら ワイド版 08.01 怒りのラムちゃん!!  高橋留美子 小学館
uruseiyatsura18.01.jpg

謝ることは、とても大変なことですね。
posted by ranma at 02:58 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。