らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2007年08月27日

夏の終わり

まだまだ、暑い日が続いているのですが、どうやら、もう夏は終わったようです。(^^)

いつも、お絵かきるーみっく に描いてくれている、葉月杏南さんと、らむねさんの、この夏最後のイラストです。

たくさんイラストを描いてくれてありがとうございました。(^^)

葉月杏南  らんま
葉月杏南さんの作品です。(^^)

らむねさん らんまちゃんとあかねちゃん
らむねさんの作品です。
Brass♪diary

夏休みの宿題が終わったら、また来て下さい。
お待ちしております。(^^)

お絵描きるーみっく
http://urubosi.s41.xrea.com/rumic/rakugaki.html
posted by ranma at 22:32 | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

原始美術からの受容と変容--漫画・アニメーション

平安時代末期の絵巻が、現代の漫画などのルーツであるというような説が広く語られているようです。が、しかし僕の長年の研究によると、日本の漫画のルーツは、平安時代よりも遥か昔の縄文時代の原始美術にまで遡れるのです。以下にその事例を挙げましたので、どうぞご覧下さい。

キングゲイナー
縄文時代晩期 青森県 遮光器形土偶 と キングゲイナー 


E.T
把手鉢形土器 と E.T
どうやら、スティーブン・スピルバーグも、日本の縄文土器からインスピレーションを受けていたようです。

鋼の錬金術師
流水文銅鐸 弥生時代後期 と 青銅の錬金術師

すももももももも 日光菩薩
有孔鍔付樽形土器 縄文時代中期 を逆さにした画像
と すもももももも 日光菩薩


らんま1/2 ぴーちゃん
猪形土製品 青森 縄文時代後期 と らんま1/2 ぴーちゃん

ラモス瑠偉
渦巻状把手付鉢形土器 縄文時代中期
実は、縄文土器は、ラモス瑠偉の造形にも深く関与していたのです。

おはようスパンク
台付異形土器 縄文時代後期 と おはよう! スパンク

スペル星人
土偶 山梨県黒駒遺跡 
ウルトラセブン 第12「遊星より愛をこめて」 スペル星人


らき☆すた つかさ
朱漆塗巻貝形土器 縄文時代後期 と らき☆すた 柊つかさ

つかさが耳にあてている、貝殻は、実は、朱漆の巻貝形土器 (テツボラを模したもの) を白く塗ったものだったのです。

posted by ranma at 10:41 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

残暑お見舞い申しあげます。らんま/考 

猛烈に暑い日が連日のように続いていますが、それでも夜になると、秋の虫の音が聞こえるようになってきた今日この頃です。皆様如何おすごしでしょうか。

残暑見舞いのイラストを2枚戴きました。

乱馬くん 残暑お見舞い いかだ書店さんの作品
いかだ書店さんの作品
業務日誌

らんま 残暑お見舞い アカイさんの作品
アカイさんの作品
creamy mania

とても素敵なイラストありがとうございました。

お絵描きるーみっく
http://urubosi.s41.xrea.com/rumic/rakugaki.html続きを読む
posted by ranma at 23:38 | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

変身ヒーロー乱馬くん

らんま1/2 18.07 反撃の湯 高橋留美子 小学館
らんま1/2 18.07 反撃の湯

これは凄いですよね。「変身ヒーローは、危機一髪のところで変身してヒロインを助ける。」という話の権化のようなシーンですね。・・・ヒーローは岩石を粉砕し、しかもヒロインを脇に抱えての登場ですからね。

ヒロインも身を挺して変身アイテムをヒーローに渡そうとして危機に陥ったわけですから、これが "燃" えないはずがありません。

もしかすると、高橋留美子先生は、このシーンが描きたくて、らんま1/2 を描いてきたのではないか? などと思っていまうほどのベタな凄さがあります。これを見て、乱馬くんに惚れない女の子はいないでしょうね。

しかしこの後すぐに、ギャグで落としているところが、るーみっく作品の凄さなんですが。(^^)
posted by ranma at 05:40 | TrackBack(0) | らんま1/2-18巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

良牙とムースの協力

らんま1/2 18.06 噴き出す罠 高橋留美子 小学館
良牙の方向音痴

ムースのど近眼
 
良牙とムースの協力

このように、互いの欠如を補い合って、危機を脱け出そうとする話は、次のような西洋の話が有名です。

盲人と足の悪い人

 悪路に阻まれた盲目の人が、ある男と出会い、ここから助け出してくれるようにとお願いした。するとその男が言った。
「とても無理だ。俺は足が悪いので自分で歩くのも大変なんだよ、君の方が、頑強そうじゃないか」
 すると盲目の人が言った。
「確かに、私は頑強です。しかし目が見えないのです」
「じゃあ、俺たちは互いに助け合えばいいんじゃないか。俺は君の目の代わりをするから、君は、俺を担いで歩いてくれ」
「そいつはいい考えですね。共に協力し合いましょう」

 こうして、二人は協力し合って、悪路を脱出することができた。

このように、互いの欠点を補い合い、一心同体として行動する話は、たくさんあると思いますが、よくあるパターンとしては、身体が小さいが頭の良い兄を、身体は大きいが頭の弱い弟が肩に乗せているというものです。そしてこの場合、頭のよい兄は、頭の弱い弟に色々な指示を与えます。

考えてみると、このシチュエーションは、マジンガーZ を パイルダー オンして操縦する兜甲児 (かぶとこうじ) のようなものですね。まあ、ロボットに限らず自動車の運転も似たようなものかもしれません。でも、最近はカーナビのおかげで、車に指示されたりしていますが・・・

良牙とムースの場合、互いの欠点が相互に作用して、うまく目的地へとたどり着くわけですが、今回の18巻の話は全体的に・・・それぞれの思惑は違うものの、見かけ上は連帯する。というようなことがテーマになっているのかもしれません。

自分にない力を互いに補い合うという話は、
うる星やつら ワイド版 11.24 歳末は鐘鳴り
しのぶとラムの合体 
(マジンガーZ と ジェットスクランダーのスクランダークロス)
にも見られます。
http://ranma.seesaa.net/article/4044486.html


銀魂77話 「昨日の敵は今日もなんやかんやで敵」
銀魂 神楽と沖田の協力 
腕の使えない神楽と、足の使えない沖田総悟の協力
2007/10/16追加

この度web拍手をつけてみました。




posted by ranma at 22:47 | TrackBack(0) | らんま1/2-18巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

「鵺」の尻尾と「牛鶴鰻毛人」の尻尾

らんま1/2 18.02 悪魔の正体 高橋留美子 小学館
らんま1/2 18.02 悪魔の正体
牛鶴鰻毛人(ニウホーマンマオレン) の尻尾は、ウナギになっているのですが、その尾の先に、ウナギの頭がついています。これは伝統的な、鵺 (ぬえ) の絵図を踏襲したものだと思います。

鵺 (ぬえ)
今昔図続百鬼  鳥山石燕 (とりやませきえん) 1712-1788

画図百鬼夜行全集 鳥山石燕 鵺 ぬえ

石燕の鵺の絵図も、尾の先にヘビの頭がついています。

最初にこのような、尾先がヘビの頭となっている絵図を描いたのは、海北忠左衛門(かいほうちゅうざえもん)、画名:海北友雪 であるようです。寛永十二年 (1635) 「源頼政鵺退治図絵馬」(清水寺)

しかし、この尾先をヘビの頭として描くというのは、かなり奇抜な発想であると思います。

たとえ、「頭は猿、体は狸、尾は蛇、手足は虎。」というような怪物であっても、尻尾が "尻尾" になっていれば、もしかするとこの世に存在するかもしれない? と思うことができますが、尻尾に蛇の頭がついていたのでは、これは、生物学上の一線を越えてしまっています。こんなものは、この世に存在するはずがないのです。

逆にこのように描いたということは、作者は、鵺を空想上の怪物として描いたと言えるのかもしれません。これでは、ギリシア神話の、ペガサスに乗ったベレロポンに退治されたキマイラのようです。

Bellerophon tötet die Chimäre, Berlin Neues Museum, Nordkuppelsaal
chimare.jpg

平家物語は神話ではないので、このような描写が非難されたこともあったようです。

本朝水滸伝豪傑八百人之一個
(ほんちょうすいこでんがうけつはつぴやくにんのひとり)
猪早太広直(いのはやたひろなを)
一勇斎 国芳画 (歌川国芳 1797〜1861)

歌川国芳 本朝水滸伝豪傑八百人之一個 猪早太広直 鵺退治

遠江(とをとをみ)の住人、大田伊豆八郎入道広政が嫡子なり。
頼政の良等(らうどう) にして 仁平四年五月頼政勅命に依って怪鳥(くわいてう) を射るその時早太、日華(ぢつくわ)門の下にて骨合(ほねあい)といふ名刀にて鵺を三刀(みかたな)さし勇名を万天(ばんてん)にのこす。

註:「骨合」 は、「骨食 (ほねくい)」の誤り。(源平盛衰記)

この絵図では、鵺の尻尾は、ヘビの頭の方ではなくちゃんと尻尾が描かれています。そして、イヌの父とウナギの母とから生まれた、ウナギイヌの尻尾もちゃんと、尻尾になっています。

天才バカボン うなぎいぬ 赤塚不二夫 
unagiinu.jpg

posted by ranma at 12:58 | TrackBack(0) | らんま1/2-18巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。