らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2005年09月15日

らんま1/2 格闘歌かるた

karuta.jpg
「らんま[1/2]」格闘歌かるた

平将門(たいらのまさかど)の側近らによって、平安時代に確立されたという、格闘かるたの秘伝書が、久能家の蔵から見つかった。というところから、「格闘歌かるた」は始まるのですが、しかしこの時代考証はちょっと・・・・

カルタは、戦国時代になってから、イエズス会の宣教師が持ち込んだものですから、平安時代にはカルタはありませんでした。

平安時代の後期にも、ハマグリの左右の貝殻に、和歌の上の句と、下の句を書いて、それを当てる。というような遊びがあったのですが、これは、「貝合せ」あるいは、「貝覆い」というもので、・・・これが後に「歌カルタ」となります。

そういえば、NHKの大河ドラマの「義経」にも、安徳天皇の遊び道具として、ハマグリが出てきました。源氏に破れて都落ちをしているときに、

安徳天皇
「この貝には、絵が描かれていない」
時子
「戦いの際に、絵の描かれたものは、なくなってしまいました。これは、家来が海岸から拾ってきたものでございます」

なかなか泣かせる話でした。

カルタ(Carta)は、ポルトガルやイタリアの言葉ですが、英語で言うカード(Card)のことです。ですから、イタリア版の「カードキャプターさくら」の主題歌は、

Pesca la tua carta Sakura
(サクラあなたのカルタを取りなさい)

となっていたりします。

参照サイト
Sigle Sakura
イタリア版 カードキャプターさくら 
この題名は、Sakura, la partita non è finita 

帝京大学福岡短期大学
三池カルタ記念館
posted by ranma at 23:47 | TrackBack(0) | らんま1/2 について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133231934
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。