らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2006年05月25日

かわいいコックさん

うる星やつら ワイド版 09.11 失われたモノを求めて;完結編
高橋留美子 小学館

Urusei09.11b.jpg
宇宙最大のコンピューター そると1号

これは、絵描き歌でお馴染みの、「かわいいコックさん」ですが・・・この絵が、なんでも黒人差別だというのです。

ビジュアル公民 2006 東京法令出版 とうほう
「あっという間にかわいいコックさん」の歌で親しまれている ’かわいいコッコさん’ですが、「差別的である」と抗議を受けて削除されました。どうして?
cooksan.jpg
答え:コックさんの似顔絵が黒人に似ていたため、差別的だとされた。


これは、中学三年生の公民の副読本なのですが、・・・・本当に「かわいいコックさん」が黒人差別と糾弾されたのでしょうか?
この副読本には、「抗議を受けて削除されました」と書かれているだけで、どの団体が抗議して、何から削除されたのかは、書かれていません。
また、この副読本の絵は、どうもおかしいのです。一般的な絵描き歌の「かわいいコックさん」は、次のようなものです。

うる星やつら ワイド版 09.11 失われたモノを求めて;完結編
Urusei09.11.jpg 

絵描き歌では、「カエルじゃないよ、アヒルだよ」となっているのに、副読本の絵では、カエルにもアヒルにもなっていません。それに、色のつけかたもなにかわざとらしいです。

このことについて、ネットで検索してみたのですが、「かわいいコックさん」が、黒人差別と糾弾されたという話が出てくるのは、
西日本新聞 「人権の居場所<1>復活 差別論争に一石を投じ 絶版に揺れた童話―連載」 2005/11/07 朝刊掲載
という記事の次の文くらいでした。

「♪棒が一本あったとさ」で始まる絵描き歌で知られる「コックさん」の挿絵も黒人奴隷を連想させるとして改訂された。
http://www.nishinippon.co.jp/news/2005/sengo60/sengo6/01.html

ここでも、実際にどの媒体の絵が改訂されたのかは書かれていません。また、公民の副読本の「削除された」という記述とも食い違っています。
そもそも、「かわいいコックさん」の絵描き歌は、著作権者のないパブリックドメインです。一体なにを改訂したのでしょうか?

「かわいいコックさん」は、NHKの「おかあさんといっしょ」の絵描き歌で、広く世間に知られるようになったのだと思いますが・・・この絵描き歌による黒人差別をうんぬんするよりも・・・しょうこお姉さんの絵描き歌の方が・・・(^^)

スプーのえかきうた


リンク
東京法令出版 とうほう
http://toho.tokyo-horei.co.jp/shop/listget.php3?category=2A&groupID=54

この他「かわいいコックさんに」については、パブリックドメインを商標登録して、あたかもキャラクター商品のように扱っている会社があるという問題もあります。
posted by ranma at 00:50 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133232013
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。