らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2006年10月07日

彼岸花=壱師(イチシ) 説の怪

今回は、るーみっくとは、関係ないのですが、前回の彼岸花に関することがらです。
先に僕は、万葉集に出てくる、壱師(イチシ)という花は、彼岸花であるという説について、「壱師(イチシ)=彼岸花」説は、それほど信憑性があるものではないように思えます。 と書いたのですが、その後ちょっとネットを検索してみたところ、壱師を彼岸花であるとする根拠が書かれているサイトがありました。要約すると次のような感じです。

壱師(イチシ)という名前は、彼岸花の中国名の「壱枝箭( いちしせん)」に由来して、今でも北九州や山口県の一部では、彼岸花をイチバナとかイチシバナと呼んでいる。

とのことで、この説は、植物学的見地からすると、信憑性のあるものとされているそうです。しかし、これが事実だとすると、それはとてもオカルトじみているのです。それを説明する前に、牧野富太郎の説をもう少し詳しく見てみたいと思います。

『万葉集』にイチシという植物がある。私はこれをマンジュシャゲだと確信しているが、これは今までだれも説破したことのない私の新説である。そしてその歌というのは、

路の辺の壱師の花の灼然(いちしろ)く、人皆知りぬ我が恋妻を

 である。右の灼然(いちしろ)の語は、このマンジュシャゲの燃るがごとき赤い花に対し、実によい形容である。しかしこのイチシという方言は、今日あえて見つからぬところから推してみると、これはほんの狭い一地方に行われた名で、今ははや廃れたものであろう。

植物知識
植物知識 牧野富太郎著 講談社学術文庫

このように、牧野富太郎の「壱師=彼岸花」説の根拠は、単に「灼然(イチシロ)く」という語が、彼岸花に対してよい形容である。ということだけなのです。氏がこの説を唱えた時には、「壱枝箭(いちしせん)」という中国名には気づいていませんし、「イチシバナ」という方言については、むしろそのような方言は「見つからぬ」と言っているのです。

それなのにその後、この説を補うように、「壱枝箭」と「イチシバナ」の方言が見つかっているわけです。これはオカルトとしか言いようがありません。こんなことが起こる確率など、想像もつきません。

そもそも、牧野富太郎は、灼然(いちしろ)という漢字を、灼然(しゃくぜん)と解釈して、燃えるような赤い花のマンジュシャゲを連想したのでしょうが、本来、万葉集の「灼然(イチシロ)く」は、「著しく」という意味で、「赤い」という意味はありません。その逆に、著しいから転化した、「白い」という意味が含まれることがあります。そのために、従来、古典学者は、壱師(イチシ)にギシギシやエゴノキなどの白い花を想定してきたのだと思います。

と、すると考えられるのは次の三つです。

(1)牧野富太郎の「私の新説」というのは嘘。もともと誰かがなんらかの根拠をもとに唱えた説を、自分が見つけたと嘘を言った。
(2)後からの「壱枝箭」「イチシバナ」の補強は、何かの作為がある。あるいは、誤りがある。
(3)天文学的な確率で偶然一致した。

(1)は、牧野富太郎ほどの大学者が、こんなことでわざわざ嘘をつくとは思えません。
とすると、(2)か(3)なのですが、まあ、天文学的な確率で偶然に一致したと思えませんので・・・。(2)であるように思えます。
本当に「壱枝箭」は、(いちしせん)と読むのか? また、「イチシバナ」という方言が、本当に、「壱枝箭」から転化したものなのか? この辺の事情を、もう一度調べ直してもらいたいです。


さらに、もう少し調べてみたところ、次のような説もあるようです。

彼岸花の漢名は石蒜で、これはイシシと読めるので、壱師(イチシ)はイシシの訛ったもである。

どうやら、この説は、牧野富太郎自身の説ということになっているようなのですが・・・、とすれば、「壱師=彼岸花」説は、色だけの連想ではないということになり、ある一定の信憑性が出てきます。ところが、今まで見てきた、「植物知識」の中で「石蒜」の出てくる箇所を見てみると次のようになっています。
 
 中国名は石蒜(せきさん)であって、その葉がニンニクの葉のようであり、同国では石地(せきち)に生じているので、それで右のように石蒜(せきさん)といわれている。

 このマンジュシャゲ、すなわちヒガンバナ、なすわち石蒜(せきさん)は日本と中国との原産で、その他の国にはない。


 このように、「壱師=彼岸花」の根拠となるはずの、「石蒜(せきさん)=(イシシ)」説については、一言も触れられていないのです。つまり、牧野富太郎は、少なくともこの文を書いた時点では、石蒜(せきさん)をイシシとは考えていなかったのです。

ところで、先にあった、

このイチシという方言は、今日あえて見つからぬところから推してみると、これはほんの狭い一地方に行われた名で、今ははや廃れたものであろう。

という一文は、一見すると、「壱師=彼岸花」説を補強しているかのように見えますが、これは単なるレトリックであって、「壱師=彼岸花」説が正しい!という前提なしには、なんの意味もありません。
結局、牧野富太郎の「壱師=彼岸花」説の根拠は、

灼然(いちしろ)の語は、このマンジュシャゲの燃るがごとき赤い花に対し、実によい形容である。

ということだけなのです。

2006/10/12

彼岸花
http://www.sol.dti.ne.jp/~tmorioka/wasure-hana/higanbana-1.html
らんま/考 Lycoris radiata
http://ranma.seesaa.net/article/24627785.html


追記
先日NABIKIさんからコメントを戴いてから、もう一度この記事を読み直して見ました。すると、本来とても単純な内容のはずなのに、論点がぼやけていて、とても分かりにくい文になっていることに気づきました。
まあ、次々と文を付け足すように書いたので、散漫になってしまったということもあると思うのですが・・・などと一応弁解をしておきますが。(^^) とにかく次に論点をまとめたいと思います。

イチシ = ヒガンバナ説を肯定する方々の論を見ると、

「イチシロ」という語は、「著しい」という意味なので、白い花でも赤い花でも構わない。

というような論旨になっているのですが、しかし、牧野富太郎が元々の根拠としているのは、

イチシロは、燃るがごとき赤い花に対し、実によい形容である。

というように、イチシロを燃えるような赤い色。と勘違いしたものなのです。このように、誤った根拠から、正しい解が導き出される確率は? 天文学的としか言いようがないと思います。

ですから、後から見つかった方言などの牧野富太郎説の補強は、単なるこじつけのようなものではないかと思えるのです。

2007/09/11
posted by ranma at 23:10 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133232034
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。