らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2007年08月11日

「鵺」の尻尾と「牛鶴鰻毛人」の尻尾

らんま1/2 18.02 悪魔の正体 高橋留美子 小学館
らんま1/2 18.02 悪魔の正体
牛鶴鰻毛人(ニウホーマンマオレン) の尻尾は、ウナギになっているのですが、その尾の先に、ウナギの頭がついています。これは伝統的な、鵺 (ぬえ) の絵図を踏襲したものだと思います。

鵺 (ぬえ)
今昔図続百鬼  鳥山石燕 (とりやませきえん) 1712-1788

画図百鬼夜行全集 鳥山石燕 鵺 ぬえ

石燕の鵺の絵図も、尾の先にヘビの頭がついています。

最初にこのような、尾先がヘビの頭となっている絵図を描いたのは、海北忠左衛門(かいほうちゅうざえもん)、画名:海北友雪 であるようです。寛永十二年 (1635) 「源頼政鵺退治図絵馬」(清水寺)

しかし、この尾先をヘビの頭として描くというのは、かなり奇抜な発想であると思います。

たとえ、「頭は猿、体は狸、尾は蛇、手足は虎。」というような怪物であっても、尻尾が "尻尾" になっていれば、もしかするとこの世に存在するかもしれない? と思うことができますが、尻尾に蛇の頭がついていたのでは、これは、生物学上の一線を越えてしまっています。こんなものは、この世に存在するはずがないのです。

逆にこのように描いたということは、作者は、鵺を空想上の怪物として描いたと言えるのかもしれません。これでは、ギリシア神話の、ペガサスに乗ったベレロポンに退治されたキマイラのようです。

Bellerophon tötet die Chimäre, Berlin Neues Museum, Nordkuppelsaal
chimare.jpg

平家物語は神話ではないので、このような描写が非難されたこともあったようです。

本朝水滸伝豪傑八百人之一個
(ほんちょうすいこでんがうけつはつぴやくにんのひとり)
猪早太広直(いのはやたひろなを)
一勇斎 国芳画 (歌川国芳 1797〜1861)

歌川国芳 本朝水滸伝豪傑八百人之一個 猪早太広直 鵺退治

遠江(とをとをみ)の住人、大田伊豆八郎入道広政が嫡子なり。
頼政の良等(らうどう) にして 仁平四年五月頼政勅命に依って怪鳥(くわいてう) を射るその時早太、日華(ぢつくわ)門の下にて骨合(ほねあい)といふ名刀にて鵺を三刀(みかたな)さし勇名を万天(ばんてん)にのこす。

註:「骨合」 は、「骨食 (ほねくい)」の誤り。(源平盛衰記)

この絵図では、鵺の尻尾は、ヘビの頭の方ではなくちゃんと尻尾が描かれています。そして、イヌの父とウナギの母とから生まれた、ウナギイヌの尻尾もちゃんと、尻尾になっています。

天才バカボン うなぎいぬ 赤塚不二夫 
unagiinu.jpg

posted by ranma at 12:58 | TrackBack(0) | らんま1/2-18巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。