らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2008年03月26日

ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜

この前ワンピースの映画に行って来ました。この映画はドラム編をリメイクしたものですが、とても泣かせる作品でした。特に、キノコの話にはとても感動しました。

TV アニメ ONE PIECE 86 ヒルルクの桜と受け継がれゆく意志!
原作:尾田栄一郎 フジテレビ

ワンピース チョッパー

ワンピース チョッパー2

チョッパーは、Dr.ヒルルクの病気を治そうと、万能薬のキノコを採りに行き、大変な困難を乗り越えてなんとか持ち帰ります。Dr.ヒルルクは大変喜びして、そのキノコをスープにして食べます。

ワンピース アミウダケ
しかし、このキノコは毒キノコだったのです。チョッパーは、ドクロのマークを病気に打ち勝つ印であると思っていたのです。

この話は、ブッタの死に際しての話を彷彿とさせます。

ブッダ最後の旅 (大パリニッバーナ経) 中村元訳 岩波文庫

尊師は、鍛冶工の子チュンダに言われた。
「チュンダよ。あなたの用意したきのこの料理をわたしにください。また用意された他の噛む食物・柔かい食物を修行僧らにあげてください」と。
「かしこまりました」と、鍛冶工の子チュンダは尊師に答えて、用意したきのこ料理を尊師にさし上げ、用意した他の噛む食物・柔かい食物を修行僧らにさし上げた。
そこで尊師は、鍛冶工の子チュンダに告げられた。
「チュンダよ。残ったきのこ料理は、それを穴に埋めなさい。神々・悪魔・梵天・修行者・バラモンの間でも、また神々・人間を含む生きものの間でも、世の中で、修行完成者(如来)のほかには、それを食して完全に消化し得る人を見出しません」と。
・・・・・省略
さて尊師が鍛冶工の子チュンダの食物を食べられたとき、激しい病いが起こり、赤い血が迸り出る、死に至らんとする激しい苦痛が生じた。尊師は実に正しく念(おも)い、よく気をおちつけて、悩まされることなく、その苦痛を耐え忍んでいた。
・・・・・省略
尊師は若きアーナンダに告げられた。(アーナンダは、ブッタの弟子)
「誰かが、鍛冶工の子チュンダに後悔の念を起こさせるかもしれない、・・・<友、チュンダよ。修行完成者はお前の差し上げた最後の供養の食物を食べてお亡くなりになったのだから、お前には利益(りやく)がなく、お前には功徳が無い>と言って。
アーナンダよ。鍛冶工の子チュンダの後悔の念は、このように言って取り除かれねばならぬ。
<友よ。修行完成者は最後のお供養の食物を食べてお亡くなりになったのだから、お前には利益があり、大いに功徳がある。友、チュンダよ。このことを、わたしは尊師からまのあたり聞き、うけたまわった、・・・この二つの供養の食物は、まさにひとしいみのり、まさにひとしい果報であり、他の供養の食物よりもはるかにすぐれた大いなる果報があり、はるかにすぐれた大いなる功徳がある。その二つとは何であるか? 修行完成者が供養の食物を食べて無上の完成なさとりを達成したのと、および、供養の食物を食べて、煩悩の残りの無いニルヴァーナの境地に入られたのとである。この二つの供養の食物は、まさにひとしいみのり、まさにひとしい果報があり、他の供養の食物よりはるかにすぐれた大いなる果報であり、はるかにすぐれた大いなる功徳である。鍛冶工の子である若き人チュンダは寿命をのばす業を積んだ。鍛冶工の子である若き人チュンダは容色をます業を積んだ。鍛冶工の子である若き人チュンダは幸福をます業を積んだ。鍛冶工の子である若き人チュンダは名声を増す業を積んだ。鍛冶工の子である若きチュンダは天に生まれる業を積んだ。鍛冶工の子である若き人チュンダは支配権を獲得する業を積んだ>と。
 アーナンダよ。鍛冶工の子チュンダの後悔の念は、このように言ってとり除かれねばならぬ」と。


ブッダはそれが毒キノコであると知っていて、敢えて食べたと言われています。現在でも、僧侶が托鉢してもらった食べ物は、それがどんなものであっても食べなければいけないという決まりがあるそうです。供養を受けるということは、それほど厳格なものなのですね。

病んだ国を治そうとしたDr.ヒルルクは、まさにブッダの再来ですね。

異説には、鍛冶工の子チュンダは「尊師が入滅なさる」ということを聞いて、尊師に長生きしてもらおうと、不老長寿の薬として、このキノコを捧げたという説もあるようです。
おそらくワンピースの作者は、これらの話を色々と総合して翻案したのだと思います。


ところで、AMIU DAKE (アミウダケ)の名前の由来についてなのですが、
ami amigo amicus などラテン系の言葉では、AMI は「友達」を意味しますので、案外そのような意味が込められているのかもしれません。

また、アミウダケの絵を見ると、これはどうやら、ベニテングダケのようですね。次はテングダケの写真です。
テングダケ
テングダケは、ベニテングダケの仲間なんですが、ベニテングだけよりも少し毒が強いと言われています。これらのキノコの毒は、幻覚を引き起こすだけで、死ぬことはないようです。

幻覚といえば、ワンピースのアラバスタ王国の話で、ルフィーはアラバスタの砂漠で、メスカルサボテンを食べて幻覚に襲われる。という話がありましたが・・・

TV アニメ ONE PIECE 98 砂漠の海賊団登場!自由に生きる男達

メスカルサボテン
このメスカルサボテンは、実は実在します。

ウバタマ (ペヨーテ)
ウバタマ
このサボテンは、メスカリンなどの幻覚作用のあるアルカロイドを含んでおり、これを乾燥させてボタン状にしたものは、メスカル・ボタンと呼ばれ、サイケデリックな幻覚剤として用いられましたが、現在では禁止薬物になっています。

ちなみに、メキシコにはメスカルというお酒もあります。有名なテキーラもこのメスカルの一種なのですが、メスカリンと名前が似ていることから、原料がウバタマであると勘違いされることがあるようです。(ワンピースのこの話もこの勘違いを助長している感がありますが・・・)
しかし実際は、リュウゼツランという植物からこのお酒は作られていますので、幻覚作用は全くありません。まあ、テキーラを飲めば酔っ払って幻覚を見るかもしれませんが、それはアルコールによるものです。(^^)

リンク
「うる星やつら」の博物誌 魔境転生!ダーリンはなにを考えてるっちゃ!?
http://www.geocities.jp/urubosi82/txt/01_12.html


ブッダ最後の旅

posted by ranma at 23:07 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

チベット仏教

トマス・ブルフィンチ (1796-1867) というアメリカの文学者は、日本でも大変有名だと思います。たとえば、彼の The Age of Fable という作品は、角川文庫・岩波文庫・講談社学術文庫からそれぞれ違った訳で出版されています。
 ところで、この The Age of Fable というタイトルなのですが、本来これは、「伝説の時代」あるいは、「神話の時代」とでも訳すべきなのですが、角川と岩波は、「ギリシア・ローマ神話」というタイトルで、講談社は、「ギリシア神話と英雄伝説」というタイトルになっています。
 まあ、この本の大部分は、ギリシア神話について書かれているので、分かりやすいように、このようなタイトルをつけているのですが、しかし、この本の後ろの方には、東洋の宗教についても触れられており、そしてその中に、チベット仏教も出てくるのです。短いので全文見てみることにします。



THE GRAND LAMA (グランド・ラマ)

人間の魂は神の霊から生まれたものなのに、その肉体に囚われているというのは悲惨な状態であり、それは前世で犯した罪や過ちの報いによるものなのである。というのが、ヒンドゥー教や仏教に共通する教えである。

しかし彼らの信じるところによれば、ごく稀にではあるが、輪廻に係わりなく、人間を救うために自ら進んで地上に降りてくる者があるという。そしてこの聖者たちは次第に、ブッタの再来と思われるような性格を帯びるようになる。今日でもチベットや中国などの仏教世界のラマは、そのような人と目されている。(つまり活仏のこと) 
 ジンギスカンとその末裔の勝利により、チベットのラマが法王の位に就くことになった。(つまりジンギスカンの末裔たちはチベットのラマを信奉していた)。

彼は自身の領地として特別な土地が与えられたので、精神的な権威だけでなく、限られた範囲ではあったが、現世的な君主として君臨した。彼はダライ・ラマと呼ばれた。(大いなるラマ)

チベットの地に最初にやって来たキリスト教の宣教師たちは、アジアの真ん中に、ローマカトリック教会に似た、法王の宮廷や、寺院などがあるのを見て驚いた。そして僧侶や尼僧のための修道院、華麗できらびやかな礼拝の行列や儀式を見るにつけ、多くの者は、その類似性からラマ教はキリスト教が変化したものだと考えるようになった。実際、ラマたちは、キリスト教徒からそれらの儀式を、取り入れたということは、有り得ないことではない。というのも、チベットに仏教が伝えられたときには、ネストリウス派のキリスト教徒は、タタールの地に住んでいたからである。



後半の、
多くの者は、その類似性からラマ教はキリスト教が変化したものだと考えるようになった。・・・・

というような箇所は、西洋人の奢りを如実にあらわしていますが、もちろんラマ教 (チベット仏教)は、キリスト教とは関係ありません。しかし、ここで留意すべきは、当時チベットには、ローマ・カトリック教会に匹敵するチベット仏教文化があったということです。

チベット仏教は、密教系なのですが、現在世界で、密教の教えを説いているのは、チベットと日本だけだそうです。日本の密教といえば、9世紀のはじめに、空海 (弘法大師) が唐から持ち帰ったものです。しかし、当の中国ではこの密教は衰退して断絶してしまいます。一方チベットの密教は、11世紀ごろにインドから直接取り入れたものです。

ですから、意外なことに日本の密教の方がチベットの密教よりも古いタイプのものなのです。しかもそれは、中国経由なのでインドから直接取り入れたチベットの密教とはかなり違っているようです。とは言っても、同じ密教の教えを奉じているわけですから、世界で二人だけの血を分けた兄弟のようなものだと思います。弘法大師信仰や伝説は、日本全国隈なく行き渡っているわけですからね。

jusenkyo.jpg
ちなみに、呪泉郷のある青海省は、チベットの地理区分では、アムド州 に属しています。また、ダライ・ラマ14世が生まれたのも、アムド州のタクツェル (吠える猛虎) という村だそうです。

チベットの地理区分は、ウツァン、カム、アムドの3州からなっています。



ギリシア・ローマ神話改版

posted by ranma at 07:25 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

原始美術からの受容と変容--漫画・アニメーション

平安時代末期の絵巻が、現代の漫画などのルーツであるというような説が広く語られているようです。が、しかし僕の長年の研究によると、日本の漫画のルーツは、平安時代よりも遥か昔の縄文時代の原始美術にまで遡れるのです。以下にその事例を挙げましたので、どうぞご覧下さい。

キングゲイナー
縄文時代晩期 青森県 遮光器形土偶 と キングゲイナー 


E.T
把手鉢形土器 と E.T
どうやら、スティーブン・スピルバーグも、日本の縄文土器からインスピレーションを受けていたようです。

鋼の錬金術師
流水文銅鐸 弥生時代後期 と 青銅の錬金術師

すももももももも 日光菩薩
有孔鍔付樽形土器 縄文時代中期 を逆さにした画像
と すもももももも 日光菩薩


らんま1/2 ぴーちゃん
猪形土製品 青森 縄文時代後期 と らんま1/2 ぴーちゃん

ラモス瑠偉
渦巻状把手付鉢形土器 縄文時代中期
実は、縄文土器は、ラモス瑠偉の造形にも深く関与していたのです。

おはようスパンク
台付異形土器 縄文時代後期 と おはよう! スパンク

スペル星人
土偶 山梨県黒駒遺跡 
ウルトラセブン 第12「遊星より愛をこめて」 スペル星人


らき☆すた つかさ
朱漆塗巻貝形土器 縄文時代後期 と らき☆すた 柊つかさ

つかさが耳にあてている、貝殻は、実は、朱漆の巻貝形土器 (テツボラを模したもの) を白く塗ったものだったのです。

posted by ranma at 10:41 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

健全なる精神は健全なる肉体に宿る

らき☆すた 第11話 「いろんな聖夜の過ごし方」
制作:京都アニメーション 原作:美水かがみ



こなたさんが、言っている、「健全な精神は健全な肉体に宿る」という考察は、西暦1世紀頃の Juvenalis (ユウェナリス)の格言です。と豆知識でも書こうかと思って、念のために、Google などで検索してみると、

「健全な精神は健全な肉体に宿る」という格言は誤りである。

というようなページがたくさんありました。その代表的な例が次のような説です。

 「健全なる精神は、健全なる身体に宿る」
 これはローマの詩人ユベナリスの言葉を翻訳したものであることは誰もが知るところであるが、詩人ユベナリスの本来の意味は、実は、
 「我は欲す、健康なる精神を健康なる身体に」
という願いの言葉だったのである。
だから、体を健康にしさえすれば、心も健康になるという意味ではない。
 健康な精神を得るためには、健康な体がなければならないし、健康な体のためには、健康な精神が必要であるということで、つまりは体と心がともに健康であることこそが、本当の健康といえるわけである。ユベナリスの詩の言っている意味はそういうことなのである。
長谷川正徳

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」ということばはよく知られていますが、原典を調べてみると、ローマの詩人ユヴェナリス(西暦50年頃〜130年)による、「健康な身体に健全な精神を宿らせ給え」という祈りのことばであったようです。からだが健全だからといって、そう簡単に健全な精神がついてくるわけではないのです。健全な精神はやはり得がたい。けれど、肝心なのはからだより健やかな精神、あるいは魂というのが本来の意味です。
日野原重明

“mens sana in corpore sano ”は普通、
“健全なる精神は健全なる身体に宿る”と訳されるが、本来の意味は
“健全なる精神は健全なる身体に宿れよかし”ということである。
 頑健な身体の持ち主がすべて健全な精神の持ち主というわけではないし、虚弱な身体の人で健全な精神の持ち主であることも少なくないのである。
 中央出版社刊 現代精神衛生学ノート 村田忠良著

というようなものです。三氏ともにその主張は微妙に違っているのですが、三氏ともに共通しているのは、

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」の本来の意味は、「健康な身体と健康な精神があったらいいのにな!」というような願望や祈願であった。

ということのようです。では、実際はどうなのか? といいますと、まあ、当たっているようで当たっていない。というような感じだと思います。

元々の詩の内容は三氏がおっしゃられるように、

orandum est, ut sit mens sana in corpore sano.
健全な精神が健全な肉体にあるように祈られるべきである。

というものだったのですが、格言として採用されているのは、前半の部分がカットされた次の部分です。

mens sana in corpore sano.
健全な肉体に健全な精神。

実は前半の部分がカットされたので、残った部分は、仮定や動詞のない、名詞と形容詞と前置詞だけの不完全な文となっています。そしてこの英訳が、

A sound mind in a sound body.
健全な肉体に健全な精神。

というように、英文でも主語も動詞もない不完全な文章の格言になっています。

日本にこの格言が入って来たのは明治期と考えられ、それは当然、「mens sana in corpore sano.」という格言であり、しかも日本に伝わったのは、どうやら英訳文だったようです。

A sound mind in a sound body.
を翻訳する場合、「健全な肉体に健全な精神」では、文になっておらず、スローガンのようなものも見えてきません。そこで工夫して、「健全なる精神は健全なる身体に宿る」と格言らしく訳したのだと思います。原文には主語も動詞もないのですから、これは許容できる範囲の訳だと思います。

しかし一旦、「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」という格言が出来上がると、この言葉そのものに意味が生じ、

健全な肉体であってこそ、健全な精神が宿る。

というような、意味に解されることになります。一般にこういう変化は、「転化」あるいは、「変容」というもので、世にある格言や諺には、これと同じように、原典の内容から大きく変化したものが無数にあるのではないでしょうか。

ところが、この「健全なる精神には・・・・」という格言はどういうわけか、非難されることが多いようで、最近では、言葉狩りに近い状態になっているようです。その急先鋒が、スポーツライターの玉木正之氏です。

かつて、「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉がありまして、これをまだ、この中にも信じておられる方がおられると思うのですが、これは実は、誤訳なのです。ローマ帝国時代の当時のコロセウムで、ライオンと戦ったり、スポーツのように剣と楯で戦ったりしてヒーローになることが流行して、ユベナーリスという詩人が、「そんなに体ばかり鍛えていても駄目だよ」と若者達に言ったのです。「健全な体があるならば、健全な心も作りなさい。健全な心は健全な体だけでは出来ませんよ」というふうに言ったはずだったのが、日本語になった時に何故か「健全な精神は健全な肉体に宿る」というふうに間違って日本語に翻訳されてしまった。

だから、それが信じられているので新聞にも大きく出て、ときどきビックリするのですけれども。もしも健全な心が健全な体にしか宿らないものならばそれは身体障害者の方だとか、いろいろ病気を持っておられる方に非常にひどい言い方だと僕は思うのです。思うのだけど、普通、そうはなかなか思えない。ふっと「健全な精神は健全な肉体に宿る、おまえ、体は鍛えておけよ」と言いたくなってしまう。そのギャップを埋める新しい考えというものがこれから求められている。
平成9年度第2回研修大会記念講演 玉木正之


後半は、こなたさんもびっくりという論理展開になっていますが、こういうときは、かがみさんに一言、お言葉をいただきましょう。


かがみさんが、おっしゃる通り、「すべてが格言通りではない」のです。一つの格言があらゆる局面で有効に使えるならば、世の中にこんなにたくさんの格言は生まれてこないのです。

それにしても玉木氏の、
もしも健全な心が健全な体にしか宿らないものならばそれは身体障害者の方だとか、いろいろ病気を持っておられる方に非常にひどい言い方だと僕は思うのです。

というような発言は、揚げ足取りと言うしかありません。たとえば、この格言とは逆に

健全なる精神は健全なる肉体を作る

と言ったとしたらどうでしょうか? これだって、玉木氏の論理からすると、健全な精神がないから、健全な肉体が作れないのだ。ということで障害者の方に非常にひどい言い方ということになってしまいます。結局これを突き詰めれば、肉体と肉体以外の美徳を関連づけた言葉は、すべて障害者の方への差別となってしまうのです。

そもそも、「健全な肉体」というのは、健常者の肉体を指しているわけではありません。身体に障害のある方でも、その障害に応じて鍛えられた身体は、健全な肉体と言えると思いますし、健常者であっても、摂生を怠った贅肉だらけの身体は、健全な肉体とは言えません。ですから、この格言をきちんと理解できる知性を持っている人に対してならば、それが身体に障害のある人に対してであろうとも、

健全なる精神は健全なる肉体に宿る

という格言は十分に伝わるものだと思います。もちろんそれは、相手とその状況を十分に考慮してから用いなければならないのは当然のことですが。

話は変わりますが、「健全なる精神は健全なる身体に宿る」という格言が、古典の研究者からも、あまりよく思われていないのは確かなようです。たとえば、柳沼重剛氏はこの諺について次のように書いています。

下手な読み方をするとこれは、「身体を健全に保っておきさえすれば、精神なんていうものはおのずと健康になるものだ」と読めることになって、これは明らかにおかしい。
ギリシア・ローマ名言集 柳沼重剛編 岩波文庫

原典研究者からすると、原典から格言が乖離してしまうことが許せないのかもしれません。しかし、先にも言いましたように、諺や格言というのは、原典から抜き出された「フレーズ」が独り歩きしてしまうことはよくあることなのです。

そこで、欧米では、A sound mind in a sound body. という格言が実際はどのような意味で使われているのか少し見てみたいと思います。

もっとも有名なのは、17世紀のイギリスのロックという哲学者の次の格言です。

A sound mind in a sound body, is a short but full description of a happy state in the world.
(John Locke)
「健全な身体に健全な精神」という格言は、短い言葉ではあるが、世界の幸福について十分に説明している。

A sound mind in a sound body というのは、ユウェナリスの mens sana in corpore sano. のことであることは間違いないと思います。この文脈からすると、A sound mind in a sound body は、単に、「健全な身体に健全な精神」と言うだけで、「健全な肉体であってこそ、健全な精神が宿る。」というような意味合いはまったく見られません。

次に、19世紀のBrewer のことわざ辞典です。

Greek Life.
A sound mind in a sound body. "Mens sana in corpore sano."
"This healthy life, which was the Greek life, came from keeping the body in good tune."?
Daily Telegraph.
Dictionary of Phrase and Fable. 1898

ギリシアの生活
A sound mind in a sound body. "Mens sana in corpore sano."
ギリシアの生活と呼ばれた、この健康的な生活は、身体を健全に保つことにあった。(デイリー・テレグラフ)

この辞典では、まさに「身体を健全に保っておきさえすればよい」という意味になっています。もしかすると、日本の「健全な肉体であってこそ、健全な精神が宿る。」というような解釈も、翻訳の際の変容ではなく、これと似たような辞典から翻訳されたに過ぎないのかもしれません。といいますか、実際にそうなのだと思います。
(詳しくはわからないのですが、ギリシアの生活というのは、どうやらギリシアの七賢人の一人のタレスに関連付けられているようです)

更に、Mens sana in corpore sano を、Wikipedia で見てみると、その解説に次のようにありました。

The original connotation of the phrase is that health of mind and body is good in itself and something to be rightly desired, as opposed to beauty, wealth, or power. Over time and separated from its context, the phrase has come to have a range of meanings. It can be construed to mean that only a healthy body can produce or sustain a healthy mind.

この格言の本来の意味は、「然るべき何かを望むならば、美しさや富や力ではなく、心と身体の健康を望むのがよい。」というものであったが、時代が下がり、この格言がその文脈から切り離されると、意味するところの範疇が定められ、「健康な身体だけが健康な精神を生み出し育むことが出来る」と解釈されるようになった。
http://en.wikipedia.org/wiki/Mens_sana_in_corpore_sano

例によって、長いこと引っ張って来たわけですが、結局、「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」という格言は誤訳でもなんでもなかったということになりますね。(^^)

では、なぜこのような批判がされるようになったのか考えてみたいと思います。その前に、この格言が日本ではどのように紹介されてきたか、少しだけ見てみたいと思います。

大日本国語辞典 冨山房 大正四年初版 1915年
(諺)健全なる精神は健全なる身体に宿る
身体の壮健な人にして初めて穏健なる思想を懐くを得。


大正の初めに出版された国語辞典です。既にこの格言が「諺」として載っています。また、その解釈も確立されています。

広辞苑 第二版 昭和四十四年  1969年
健全なる精神は健全なる身体に宿る
(mens sana in corpore sano ラテン)(ローマの諺から)
精神と身体との間には密接な関係があり、身体が強健なら自然に精神も健全である。


広辞苑の第二版では、出典語句が示されています。

広辞苑 第四版 
健全なる精神は健全なる身体に宿る
(mens sana in corpore sano ラテン)
(ローマの詩人ユウェナリスの「諷刺詩集」から) 身体が強健であってこそ精神も健全である。詩の本来の意味は「健康な身体に宿る健康な精神を」というもの。


広辞苑の第四版では、出典が詳しくなり、詩の本来の意味というのも載っているのですが、この「本来の意味」の意味がよく分かりません。特に、「健康な身体に宿る健康な精神を」の最後の「を」は、なにを意味しているのでしょうか? しかし次の日本大百科事典を見ると、この「を」の意味の想像がつきます。

日本大百科事典 小学館
ユウェナリス
Decimus Junius Juvenalis(60ころ―128ころ)古代ローマ最高の風刺詩人。
・・・・・
人間の願いのむなしさをわらい、「健康な身体に健康な心を」宿らせ給えと願うことを勧める第十歌が名高い。

(ちなみに、昭和39年初版には、ユウェナリスの項目にはこの格言は載っていません。)


日本大百科事典では、「健全なる精神は健全なる身体に宿る」という格言は、完全に無視されているわけですが・・・この記述と広辞苑の本来の意味の記述を比べると、「を」が何をさしているかがわかります。

広辞苑の編集者も

「健康な身体に宿る健康な精神を」宿らせ給えと願うこと

というような、「orandum est, ut sit mens sana in corpore sano.」の訳を書きたかったのだと思います。しかしそうすると、原文として記述している、「mens sana in corpore sano」はどうなってしまうのか? ということになり、「を」から先の願望の部分は、書くことができなかったのかもしれません。

大辞林 第二版 (三省堂)
健全なる精神は健全なる身体に宿る
〔ローマの詩人ユベナリスの詩句に基づく〕精神と身体は互いに関係があり、身体が健全ならば、精神も健全である。〔原詩の中での意味は「人は神に、健全な身体に宿った健全な精神を与えられるように祈るべきだ」である〕


大辞林では、広辞苑が入れたかったと思われる説明が入っています。大辞林では、格言の原文である、
「mens sana in corpore sano」を記述していないので、
「orandum est, ut sit mens sana in corpore sano.」をためらわずに紹介できたのかもしれません。

大日本百科事典では無視されていますが、それ以外では、「健全なる精神は健全なる身体に宿る」は、特に誤訳とか誤用とは書かれていません。まあ、実際に誤訳でも誤用でもないのですから当然のことです。

ここからは完全な推測なんですが、この格言が嫌われた最大の原因は、笹川良一が、生前この格言を日本船舶振興会コマーシャルでとなえていたからではないでしょうか?(^^) 
次は、「健全なる精神は・・」のバージョンではないのですが、雰囲気は伝わると思います。



まといを振っているのが、指揮者の故 山本直純氏で、大太鼓を叩いているのが、高見山親方です。そして、拍子木を叩いているのが、右翼の大ボスと言われた、故 笹川良一氏です。ナレーターは、中村正氏のようですね。



坊主憎けりゃ袈裟まで・・・という諺がありますが、笹川良一憎けりゃ格言まで憎し・・・というような、そんな感じがあったのではないでしょうか? それに、この格言は、伝統的な体育会系の香りがそこはかとなくしてきます。そういうのが嫌いな文化人は大勢いるわけで・・・そこで、この格言は「間違い」ということにしてしまったのではないかと思うのですがどうでしょうか?

健全な精神は健全な肉体に宿る
という格言が日本で生まれて、100年以上になるのですが、現在この格言は、広辞苑をはじめ、大抵の辞書に載っています。つまりこの格言は世間一般に根付いているわけです。にもかかわらず、この格言を使う者を、無知であるかのように蔑み、格言を語る文脈ではなく、この格言そのものが誤りであると非難する知識人がかなりいるわけですが・・・
(最初にあげた三氏のことではないです。念のため)

格言を使うのに、一般的な辞書に書かれていること以上の、原典の知識が必要なのでしょうか? あらゆる格言を使う前に、原典と照合することなど、普通はしないと思います。

ところで、格言の使い方には、大きく分けると、「奨励」・「批判」・「スローガン」の三つの用法があります。

まず、奨励的な格言の使い方を見てみます。たとえば、運動会の挨拶などで、校長先生が、
「健全なる精神は健全なる肉体に宿ると言いますから、皆さんも一生懸命頑張ってください・・・・」
などと挨拶をするような場合があります。この場合、この格言は、今から運動をする子供たちに対して、「運動をすることは素晴らしいことだ」ということを説明するための比喩として用いられているに過ぎません。ですから、この場合、「この運動会で健全な精神が育まれる」などということは、ほとんど考えられていません。また、今から健全な肉体を作ろうとしている人たちを対象にしているわけですから、差別的な要素もまったくありません。

次に格言の批判的な使い方です。たとえば、部屋でごろごろしている子供に対して、
「健全なる精神は健全なる肉体に宿るんだよ。家にばかりいないで、外で運動でもしてきなさい」
というような使い方です。この場合も主眼は、子供に運動をさせることです。しかしこの場合この格言を使う人が、「家でごろごろしていることは精神衛生上よくない」と考えている場合は、外で運動させることで、精神も健全になると考えているかもしれません。

一般的に格言は、この「奨励」と「批判」の二通りの使われ方がほとんどなのですが、稀にスローガンとして用いられることがあります。
例えば、先の笹川良一の日本船舶振興会のコマーシャルなどで、標語として使われる場合です。

この場合は、その格言自体の意味そのものをメッセージとして送ることになります。本来格言が批判されるべきは、このスローガンとして用いられる場合のみなのですが、三つの使い方がごちゃまぜにされて批判されてしまうことが多いようです。

では、「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」というスローガンに対する批判は正当かどうか見てみたいと思います。

まず、らき☆すたの泉こなたさんや、スポーツライターの玉木正之氏の論理による、
「身体の弱い人や、身体に障害のある人にとっては、ひどい格言ではないのか?」
というような批判があると思いますが、これは先にも言いましたように、批判というよりも、揚げ足取りのようなものです。大抵の格言は、読み方によって、どうにでも読めてしまいますので、このような批判は批判とはみなせません。

では、もう一つの
「身体を健康にしさえすれば、心も健康になる。というような考え方はおかしいのではないか?」
というような批判ですが、この批判を考える前に、この格言が、辞書などではどのように定義されているか、もう一度見直したいと思います。

この格言には、大きく分けると、次の二つの解釈があります。

解釈1
身体が強健であってこそ精神も健全である。

解釈2
精神と身体は互いに関係があり、身体が健全ならば、精神も健全である。

両者の解釈は、まったく違っています。では、どちらの解釈が正しいのでしょうか?
広辞苑では、第二版では、解釈2であったのが、第四版では、解釈1に変更されていますので、解釈1の方が正しいのでしょうか?

今からちょうど100年前に出版された、次の本にその答えと思える箇所があります。

女子補習子女教育法 斎藤鹿三郎編 同文館 1906

三 健康なる身体には健全なる精神が宿るものである

 人の幸不幸は多くは自から作る所のものである。命あっての物種(ものだね)と云う諺があるが、身体が丈夫でなければ何事も出来ぬ、善いと思う事でも為したいと思う事でも出来ぬものである。

 身体が健康であると其の中に宿る精神も健全なるものである。確かなるものである。それが証拠にはからだの工合(ぐあい)の善い時は、元気があって種々の仕事を為さんと思う様になってくるものである。

 身体と精神とが健全であればこれ程幸福なることはない。我々は自分の身体を丈夫にし知徳を磨くと共に、子供のからだをも丈夫にし、且つ知徳を与へ、以って役に立つ人物を作ることに骨を折らねばならぬ。
 つまり身体の孱弱(せんじゃく)なるものは男でも女でも役に立たぬことは明である。


先に、解釈1と解釈2は全く違っていると書いたのですが、この文を基に解釈すれば、両者は同じ意味であることに気づきます。

解釈1、解釈2ともに、

身体が丈夫でなければ何事も出来ぬ・・・

ということを前提に、

からだの工合の善い時は、元気があって種々の仕事を為さんと思う様になってくるものである。

という風に理解できるのです。更に、

身体と精神とが健全であればこれ程幸福なることはない。

とまで解釈できればパーフェクトだと思います。

先の、「身体を健康にしさえすれば、心も健康になる。というような考え方はおかしいのではないか?」というような批判は、解釈2の

精神と身体は互いに関係があり、身体が健全ならば、精神も健全である。

の前半部分を削除して、

身体が健全ならば、精神も健全である。

として、そしてここから、

身体を健全にしさえすれば、心も健康になる。

と解釈しているわけですが、今まで見てきたように、このような解釈は歪曲された解釈としか言いようがありません。

それに実際問題として、このような解釈はありえないのです。
例えば、この格言を使った次のようなスピーチは可能でしょうか?

「健全な精神は健全な肉体に宿るといいますから、皆さんは、運動さえしていればよいのです。」

このようなスピーチは、常識的にありえないのです。
つまり、この格言を批判している人は、格言そのものを歪曲して解釈しておきながら、格言の原典の解釈を持ち出して、この格言を批判するという、まさにダブルスタンダードな、批判をしているわけです。
(原典の解釈というのも、実は当たっているかどうかは疑わしいものです)

2007/07/03
続きがあります。また後ほど。
posted by ranma at 08:10 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

デストロイ オール ヒューマンズ!


【PS2】デストロイ オール ヒューマンズ! 

このゲームの主人公を、山口勝平氏がやっています。
次の公式サイトが面白いです。
http://destroy.sega.jp/about/index.html

面白いと思ったネタをいくつか挙げてみます。

まず、最初のムービーに、
気をつけないと君の教科書もまっ赤っかにされるぞ!
とあるのですが、これは・・・・
愛国戦隊大日本 ですね。
red01.jpg
http://urubosi82.seesaa.net/article/4285574.html
http://urubosi82.seesaa.net/article/4246412.html

でも時代設定が、1950年代のアメリカということですので、マッカーシー上院議員のレッドパージにもちなんでいるのでしょうね。

同じムービーにあった、聚楽(ジュラク)よ! は素直に笑いました。また、「超ゴキゲン・プレイ映像!」にあった、
とんだ、とんだ、クララがとんだ
も思わず吹いてしまいました。

それからこのサイトに、デストロイ・カルトクイズ というのがあるんですが、これも面白かったです。
http://destroy.sega.jp/quiz/index.html

第4問
最終話に登場する巨大ロボットの名前は?
1.ロボ大統領
2.ソルト1号

宇宙最大のコンピューター そると1号 については、当ブログでも取り上げています。
Urusei09.11b.jpg
http://ranma.seesaa.net/article/18333281.html

第7問
クリプトにPKでぶっ飛ばされたMIB。その時の悲鳴はどれ?
1.ブルーインパルス!
2.バイバイキーン!
3.さらば〜ちきゅうよ〜

ブルーインパルス もお馴染みですね。
uruseiyatsura10.15.jpg
http://ranma.seesaa.net/article/15580887.html

第25問
大御所声優「青野武」演じる農民がクリプトを見かけたときのセリフは?
1.お前日本兵だな!?
2.ザラブ星人だ!
3.スーパーデリシャス遊星ゴールデンスペシャルリザーブゴージャスアフターケアーキッド28号?

うる星やつら 人か鳥か?豪華けんらん正義の味方! 声優:青野武





第49問
MIBがクリプトを撃つときのセリフは?
1.お前とはこれでグッバイだ!・・・で、よっちゃんは?

うる星やつらの博物誌 タイトルの素 哀愁でいと
http://www.geocities.jp/urubosi82/title/01.html

この他にも、スネークマンショーネタや、キャスト紹介ページの、「宇宙人? トラ縞ビキニの?」など面白いネタがまだまだたくさんありましたが、でも、次のはかなりブラックなネタではないかと思います。

第32問
兵隊さんの独り言・・・どれ?
1.俺はビルマに残るよ
2.この前原爆のきのこ雲に向かって行進させられたけど、あれ何の訓練だったんだ?
3.ひとつ!軍人は忠節を尽くすを本文とすべし!

まあ、1番は ビルマの竪琴で、3番は 軍人勅諭 でしょうが、2番は キャッスル作戦のことなのでしょうかね?

ところでこのゲームの主題歌の「馬鹿がUFOでやってくる」は、デストロイ・カルトクイズの第2問にもなっているのですが、「極秘映像」のコーナーで視聴することができます。
http://destroy.sega.jp/movie/index.html
Youtubeにも既にUPされていました。
http://www.youtube.com/watch?v=Vpd0utw0eFY

この曲の出だしの金管楽器の部分は、「ウルトラセブン」のパロディなのですが、曲調自体は、「ウルトラマン」系の「帰ってきたウルトラマン」ですね。更に曲の途中には、「サクラ大戦」 の「檄!帝国華撃団」のパロディもありますね。

ウルトラセブン
http://www.youtube.com/watch?v=08UQejS4TwQ
ウルトラマン
http://www.youtube.com/watch?v=-SqlhwMpa8g
帰ってきたウルトラマン
http://www.youtube.com/watch?v=EL69L4ouo2A

曲名の 馬鹿がUFOでやってくる は、ハナ肇主演の映画、「馬鹿が戦車(タンク)でやってくる」のパロディでしょうね。

松竹 馬鹿が戦車でやってくる 監督・脚本:山田洋次 主演:ハナ肇

しかしこのパロディは、既に「筋肉少女帯」がやっていますね。
曲名は「バカが戦車でやってくる」でした。次のアルバムに入っています。

空手バカボン ナゴムコレクション




このゲームの面白いところは、プレーヤーが、グレイ型の宇宙人になりきって、人間を殺戮しまくるという点だそうですが、僕は、このコンセプトを見て、安部公房完全映画(トータル・スコープ)という小説を思い出しました。

斜陽になりはじめた映画会社が、挽回の切り札として、「トータル・スコープ」というシステムを開発するのですが、それは、観客自身が映画の登場人物となるシステムでした。そしてこの映画用にシナリオが書かれることになります。はじめそのシナリオは、「青年が怪獣ゾガバをやっつける。」というごく当たり前のものだったのですが、しかしそのシナリオに、映画心理学の専門家が異議を唱えます。「怪獣ゾガバこそが主人公にふさわしい」と言うのです。

ほんの一時間ばかりのあいだ、おそるべき無敵の怪獣になって、思いっきりあばれまわってみるのも、現代のような世の中では、よき精神の健康法ではないでしょうか?

こうして、怪獣ゾガバの東京見物という映画が作れらることになります。

デストロイ オール ヒューマンズ! は、この安部公房の小説に似ていますね。ゲームプレーヤーは、宇宙人になりきって、人間を殺しまくるわけですからね。
 暴れまわるのが宇宙人なのは、アメリカでは、オーソン・ウェルズ脚色の「火星人襲来」が最もポピュラーな殺戮者だからでしょうね。
(オーソン・ウェルズは1938年に、H.Gウェルズの「宇宙戦争」をラジオドラマに脚色し、全米をパニックに陥れた。)


宇宙戦争 H.Gウェルズ 1898年


宇宙戦争 監督:バイロン・ハスキン 主演:ジーン・バリー 1953年


宇宙戦争 監督:スティーブン・スピルバーグ 主演:トム・クルーズ 2005年


安部公房の小説は、昭和35年(1960) 5月号の「SFマガジン」で発表されたそうですから、45年以上も前に、このようなゲームの出現を予言していたということになりますね。
posted by ranma at 12:37 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

らんま1/2 バトン

のんべんだらり の春華さんに回していただいたバトンです。

Q1 本棚やPCに入っている『らんま1/2』は?
ちょっとあれなんですが・・・・このブログを始めたときにも、書いたのですが、実は、「らんま」に関するものは持っていません。今は、甥から借りているコミックスが、11巻から22巻まで、本棚にあるだけです。PCの中については、この前、PCが壊れた時に、海外のサイトから集めたミュージックビデオなどは、ほとんど消えてしまいました。

Q2 今、妄想している『らんま1/2』は?
妄想するまでもなく、らんま1/2 で十分に妄想が満たされています。

Q3 最初に出会った『らんま1/2』は?
フジテレビの土曜日の午前中にやっていた? 情報番組に、永井一郎氏がゲストで出演されていたのですが、その時に、「今は、らんま1/2の八宝斎をやっており・・・」そして、「コロン役は、麻生美代子さんなので、サザエさんの波平とフネの戦いは壮絶です・・・」というようなことをおっしゃておりました。
その時がらんま1/2の初めての出会いだと思います。ものすごいアニメだな! と思いました。

Q4 特別な思い入れのある『らんま1/2』は?
やはり、久能帯刀ですかね。なににしても彼ほど凄い奴は、いままで見たことがありません。

Q5友達にお題つきで回してください
引き取ってくれる方、よろしかったらお願いします。

お題バトン(○○)
Q1 本棚やPCに入っている『○○』は?
Q2 今、妄想している『○○』は?
Q3 最初に出会った『○○』は?
Q4 特別な思い入れのある『○○』は?
Q5友達にお題つきで回してください
posted by ranma at 21:15 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

彼岸花=壱師(イチシ) 説の怪

今回は、るーみっくとは、関係ないのですが、前回の彼岸花に関することがらです。
先に僕は、万葉集に出てくる、壱師(イチシ)という花は、彼岸花であるという説について、「壱師(イチシ)=彼岸花」説は、それほど信憑性があるものではないように思えます。 と書いたのですが、その後ちょっとネットを検索してみたところ、壱師を彼岸花であるとする根拠が書かれているサイトがありました。要約すると次のような感じです。

壱師(イチシ)という名前は、彼岸花の中国名の「壱枝箭( いちしせん)」に由来して、今でも北九州や山口県の一部では、彼岸花をイチバナとかイチシバナと呼んでいる。

とのことで、この説は、植物学的見地からすると、信憑性のあるものとされているそうです。しかし、これが事実だとすると、それはとてもオカルトじみているのです。それを説明する前に、牧野富太郎の説をもう少し詳しく見てみたいと思います。

『万葉集』にイチシという植物がある。私はこれをマンジュシャゲだと確信しているが、これは今までだれも説破したことのない私の新説である。そしてその歌というのは、

路の辺の壱師の花の灼然(いちしろ)く、人皆知りぬ我が恋妻を

 である。右の灼然(いちしろ)の語は、このマンジュシャゲの燃るがごとき赤い花に対し、実によい形容である。しかしこのイチシという方言は、今日あえて見つからぬところから推してみると、これはほんの狭い一地方に行われた名で、今ははや廃れたものであろう。

植物知識
植物知識 牧野富太郎著 講談社学術文庫

このように、牧野富太郎の「壱師=彼岸花」説の根拠は、単に「灼然(イチシロ)く」という語が、彼岸花に対してよい形容である。ということだけなのです。氏がこの説を唱えた時には、「壱枝箭(いちしせん)」という中国名には気づいていませんし、「イチシバナ」という方言については、むしろそのような方言は「見つからぬ」と言っているのです。

それなのにその後、この説を補うように、「壱枝箭」と「イチシバナ」の方言が見つかっているわけです。これはオカルトとしか言いようがありません。こんなことが起こる確率など、想像もつきません。

そもそも、牧野富太郎は、灼然(いちしろ)という漢字を、灼然(しゃくぜん)と解釈して、燃えるような赤い花のマンジュシャゲを連想したのでしょうが、本来、万葉集の「灼然(イチシロ)く」は、「著しく」という意味で、「赤い」という意味はありません。その逆に、著しいから転化した、「白い」という意味が含まれることがあります。そのために、従来、古典学者は、壱師(イチシ)にギシギシやエゴノキなどの白い花を想定してきたのだと思います。

と、すると考えられるのは次の三つです。

(1)牧野富太郎の「私の新説」というのは嘘。もともと誰かがなんらかの根拠をもとに唱えた説を、自分が見つけたと嘘を言った。
(2)後からの「壱枝箭」「イチシバナ」の補強は、何かの作為がある。あるいは、誤りがある。
(3)天文学的な確率で偶然一致した。

(1)は、牧野富太郎ほどの大学者が、こんなことでわざわざ嘘をつくとは思えません。
とすると、(2)か(3)なのですが、まあ、天文学的な確率で偶然に一致したと思えませんので・・・。(2)であるように思えます。
本当に「壱枝箭」は、(いちしせん)と読むのか? また、「イチシバナ」という方言が、本当に、「壱枝箭」から転化したものなのか? この辺の事情を、もう一度調べ直してもらいたいです。


さらに、もう少し調べてみたところ、次のような説もあるようです。

彼岸花の漢名は石蒜で、これはイシシと読めるので、壱師(イチシ)はイシシの訛ったもである。

どうやら、この説は、牧野富太郎自身の説ということになっているようなのですが・・・、とすれば、「壱師=彼岸花」説は、色だけの連想ではないということになり、ある一定の信憑性が出てきます。ところが、今まで見てきた、「植物知識」の中で「石蒜」の出てくる箇所を見てみると次のようになっています。
 
 中国名は石蒜(せきさん)であって、その葉がニンニクの葉のようであり、同国では石地(せきち)に生じているので、それで右のように石蒜(せきさん)といわれている。

 このマンジュシャゲ、すなわちヒガンバナ、なすわち石蒜(せきさん)は日本と中国との原産で、その他の国にはない。


 このように、「壱師=彼岸花」の根拠となるはずの、「石蒜(せきさん)=(イシシ)」説については、一言も触れられていないのです。つまり、牧野富太郎は、少なくともこの文を書いた時点では、石蒜(せきさん)をイシシとは考えていなかったのです。

ところで、先にあった、

このイチシという方言は、今日あえて見つからぬところから推してみると、これはほんの狭い一地方に行われた名で、今ははや廃れたものであろう。

という一文は、一見すると、「壱師=彼岸花」説を補強しているかのように見えますが、これは単なるレトリックであって、「壱師=彼岸花」説が正しい!という前提なしには、なんの意味もありません。
結局、牧野富太郎の「壱師=彼岸花」説の根拠は、

灼然(いちしろ)の語は、このマンジュシャゲの燃るがごとき赤い花に対し、実によい形容である。

ということだけなのです。

2006/10/12

彼岸花
http://www.sol.dti.ne.jp/~tmorioka/wasure-hana/higanbana-1.html
らんま/考 Lycoris radiata
http://ranma.seesaa.net/article/24627785.html


追記
先日NABIKIさんからコメントを戴いてから、もう一度この記事を読み直して見ました。すると、本来とても単純な内容のはずなのに、論点がぼやけていて、とても分かりにくい文になっていることに気づきました。
まあ、次々と文を付け足すように書いたので、散漫になってしまったということもあると思うのですが・・・などと一応弁解をしておきますが。(^^) とにかく次に論点をまとめたいと思います。

イチシ = ヒガンバナ説を肯定する方々の論を見ると、

「イチシロ」という語は、「著しい」という意味なので、白い花でも赤い花でも構わない。

というような論旨になっているのですが、しかし、牧野富太郎が元々の根拠としているのは、

イチシロは、燃るがごとき赤い花に対し、実によい形容である。

というように、イチシロを燃えるような赤い色。と勘違いしたものなのです。このように、誤った根拠から、正しい解が導き出される確率は? 天文学的としか言いようがないと思います。

ですから、後から見つかった方言などの牧野富太郎説の補強は、単なるこじつけのようなものではないかと思えるのです。

2007/09/11
posted by ranma at 23:10 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

パソコン壊れました

パソコンが壊れてしまい。いろいろやったのですが、結局だめだったので、新しいパソコンを買いました。バックアップのデータを移したりいろいろしているうちに、時間が随分と過ぎてしまいました。

更新が滞っている間も、大勢の方に来ていただきました。ありがとうございました。
また、更新を始めますので、よろしくお願いいたします。



「うる星やつら」の博物誌 の9月の表紙絵を募集しております。
描いてもよいというかたは、メールでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

http://www.geocities.jp/urubosi82/

urubosi82☆yahoo.co.jp → ☆の部分を @ に変えて下さい。
posted by ranma at 07:31 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

かわいいコックさん

うる星やつら ワイド版 09.11 失われたモノを求めて;完結編
高橋留美子 小学館

Urusei09.11b.jpg
宇宙最大のコンピューター そると1号

これは、絵描き歌でお馴染みの、「かわいいコックさん」ですが・・・この絵が、なんでも黒人差別だというのです。

ビジュアル公民 2006 東京法令出版 とうほう
「あっという間にかわいいコックさん」の歌で親しまれている ’かわいいコッコさん’ですが、「差別的である」と抗議を受けて削除されました。どうして?
cooksan.jpg
答え:コックさんの似顔絵が黒人に似ていたため、差別的だとされた。


これは、中学三年生の公民の副読本なのですが、・・・・本当に「かわいいコックさん」が黒人差別と糾弾されたのでしょうか?
この副読本には、「抗議を受けて削除されました」と書かれているだけで、どの団体が抗議して、何から削除されたのかは、書かれていません。
また、この副読本の絵は、どうもおかしいのです。一般的な絵描き歌の「かわいいコックさん」は、次のようなものです。

うる星やつら ワイド版 09.11 失われたモノを求めて;完結編
Urusei09.11.jpg 

絵描き歌では、「カエルじゃないよ、アヒルだよ」となっているのに、副読本の絵では、カエルにもアヒルにもなっていません。それに、色のつけかたもなにかわざとらしいです。

このことについて、ネットで検索してみたのですが、「かわいいコックさん」が、黒人差別と糾弾されたという話が出てくるのは、
西日本新聞 「人権の居場所<1>復活 差別論争に一石を投じ 絶版に揺れた童話―連載」 2005/11/07 朝刊掲載
という記事の次の文くらいでした。

「♪棒が一本あったとさ」で始まる絵描き歌で知られる「コックさん」の挿絵も黒人奴隷を連想させるとして改訂された。
http://www.nishinippon.co.jp/news/2005/sengo60/sengo6/01.html

ここでも、実際にどの媒体の絵が改訂されたのかは書かれていません。また、公民の副読本の「削除された」という記述とも食い違っています。
そもそも、「かわいいコックさん」の絵描き歌は、著作権者のないパブリックドメインです。一体なにを改訂したのでしょうか?

「かわいいコックさん」は、NHKの「おかあさんといっしょ」の絵描き歌で、広く世間に知られるようになったのだと思いますが・・・この絵描き歌による黒人差別をうんぬんするよりも・・・しょうこお姉さんの絵描き歌の方が・・・(^^)

スプーのえかきうた


リンク
東京法令出版 とうほう
http://toho.tokyo-horei.co.jp/shop/listget.php3?category=2A&groupID=54

この他「かわいいコックさんに」については、パブリックドメインを商標登録して、あたかもキャラクター商品のように扱っている会社があるという問題もあります。
posted by ranma at 00:50 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

追加

らんま1/2 ねばーぎぶあっぷ
http://ranma.seesaa.net/article/4639138.html
に、うる星やつら 酒と泪と男と女を追加しました。




春華さんに回していただいたバトンです。
【人間バトン】

●回してくれた方に対しての印象をどうぞ
好奇心が旺盛で、理知的に物事を考えるかたではないかと思います。(^^)

●周りから見た自分はどんな人間だと思われていますか?5つ述べて下さい
他の人からは、ほとんど気にされていないと思います。
そういえば、以前、最低といわれたことがあるような気がします。(^^)

●自分の好きな人間性について5つ述べて下さい
特にありません。

●では反対に嫌いなタイプは?
特にありません。

●自分がこうなりたいと思う理想像は?
特にありません。

●自分の事を慕ってくれる人に叫んでください
月夜の晩ばかりではない。

●そんな大好きな人にバトンタッチ15名!(印象つき)
バトンを受け取りたい方がいましたら、どうぞ。(^^)


「です。ぜひぜひご自身とらんまを絡めた考察をやってみてください!お暇でしたらお願いします(*゜▽゜)ノ」

とのことでしたが、考えてみたら、心理的な考察はいままで、したことがありませんでした。
と言いますか、人間性についてうんぬんできるような・・・(^^)
posted by ranma at 18:51 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

一週間お休みします。

来週から、またよろしくお願い致します。
posted by ranma at 16:45 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。