らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2005年05月30日

らんま1/2 妖怪大戦争

らんま1/2 07.11 親父の逆襲 高橋留美子 小学館
妖怪大戦争
ranma_07_0182.jpg

映画 怪獣大戦争 1965
kaijyu.jpg



1968年作品角川エンタテインメント 妖怪大戦争<1968年版> 怪獣大戦争 【TDV-2716D】=>15%OFF!怪獣大戦争


参照:映画 妖怪大戦争 1968


posted by ranma at 23:27 | TrackBack(0) | らんま1/2-07巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

らんま1/2 腹がつかえて出られない (20番勝負)

うる星やつら ワイド版 02.11 迷路でメロメロ 高橋留美子 小学館
Urusei4_077.jpg
あたるは、宇宙人の缶詰を食べて、腹が膨れて穴から出られなくなる。

らんま1/2 07.11 親父の逆襲 高橋留美子 小学館
ranma_07_0174.jpg
八宝斉は、ヤカンのお湯を飲み干して、お湯がつかえて、ヤカンから出られなくなる。

どっちもどっちなので、これも引き分け。

20番勝負 9勝6負5分け

これらの話の元ネタは、イソップ童話です。

「うる星やつら」の博物誌 02.11 迷路でメロメロ


イソップ童話 上・下 二宮フサ 偕成社文庫

posted by ranma at 21:21 | TrackBack(0) | らんま1/2-07巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

らんま1/2 ぬらりひょん (19番勝負)

うる星やつら ワイド版 04.25 生ゴミ、海へ 高橋留美子 小学館
urusei9_177.jpg
だれかひろって
ください
名前は
ポチです

らんま1/2 07.09 八宝斉 怒る 高橋留美子 小学館
ranma07_0152.jpg
だれか
ひろって
ください。
名前は
ぬらりひょん
です。

錯乱坊も八宝斉も、どちらもいらないので、引き分けということで。

19番勝負 9勝6負4分け


ところで、「ぬらりひょん」とは妖怪のことです。

水木しげるの妖怪文庫 三 河出文庫

ぬらりひょん

 妖怪の総大将ともいわれている。
 もっともやることはあまり総大将らしくない。夕方、人々が忙しがっている時に、どこからともなく現れて家の中に入ってくると、勝手に座敷に上がり込んでお茶を飲んだりする。・・・

nuraihyon.jpg



この「ぬらりひょん」は、錯乱坊(チェリー)の性格とそっくりです。作者の高橋留美子氏は、らんま1/2のこの八宝斉のカットを使って、ちょっとネタバラシをしたのではないかと思えるのですが・・・

水木しげるの妖怪文庫(3)
水木しげるの妖怪文庫(3)
posted by ranma at 22:38 | TrackBack(0) | らんま1/2-07巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

らんま1/2 八宝斉の怒りについてりの考察 (18番勝負)

うる星やつら ワイド版 06.01 喫茶店への出入りを禁ず!!
高橋留美子 小学館

urusei12_055.jpg
友引高校の先生や生徒により、閉店へと追い込まれた、喫茶店の主人の怒りの復讐。

らんま1/2 07.09 八宝斉 怒る 高橋留美子 小学館
ranma_07_0147.jpg

八宝斉の方が、注文の数が多いようなので、八宝斉の勝ち。

18番勝負 9勝6負3分け

posted by ranma at 22:17 | TrackBack(0) | らんま1/2-07巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

らんま1/2 PIYO PIYO

らんま1/2 07.06 ただ者ではない 高橋留美子 小学館
ranma_07_0098.jpg

こんなところに、PIYO PIYO があるのですが、皆さんもご存知だとは思いますが、これは、めぞん一刻の、響子さんのエプロンのマークです。実物は次のようなものです。











piyo.jpg


ああ、これは、あたるの母でした。

参照 うる星やつら TV 夫婦ゲンカ食うか食われるか!


posted by ranma at 22:27 | TrackBack(0) | らんま1/2-07巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

らんま1/2 鬼殺し

らんま1/2 07.05 ”邪悪”の復活 高橋留美子 小学館
ranma_07_0085.jpg

八宝斉の飲んでいる酒は、よく見ると、「鬼殺し」のようです。最近は、「鬼殺し」は、パック酒などでよく見かけますが、もともと、「鬼をも殺すほど、ひどい酒」というような意味があったようです。

しかし、飛騨の「鬼ころし」は、美味しいお酒です。
oni.jpg
本醸造 飛騨自慢 鬼ころし 720ml
posted by ranma at 23:19 | TrackBack(0) | らんま1/2-07巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

らんま1/2 牛を担ぐ (17番勝負)

うる星やつら ワイド版 06.09 スーパー武蔵、テンまでダッシュ!!
高橋留美子 小学館

Urusei13_007.jpg

らんま1/2 07.05 ”邪悪”の復活 高橋留美子 小学館
ranma_07_0084.jpg

あたるが担いでいるのは、牛だけだが、天道早雲は牛の上に八宝斉まで担いでいるので、早雲の勝ち。

17番勝負 8勝6負3分け

posted by ranma at 23:47 | TrackBack(0) | らんま1/2-07巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

らんま1/2 格闘出前オリジナル! 二人羽織! (16番勝負)

うる星やつら ワイド版11.15 嵐を呼ぶデート =その1=
高橋留美子 小学館

Urusei24_131.jpg

らんま1/2 07.04 食ってたまるか 高橋留美子 小学館
格闘出前オリジナル! 二人羽織!
ranma_07_0068.jpg

あたるが面堂を制御するのと、乱馬が久能を制御するのとでは、どちらが大変でしょうか? 
まあ、これは引き分けということで。

16番勝負 7勝6負3分け




2ちゃんねる
■★ブラジリアン柔術総合スレッド3★■ より


968 :名無しさん@一本勝ち :2005/06/05(日) 00:20:25 ID:KLvEXvKb
(注:先の乱馬が久能にかけた、格闘出前オリジナル!二人羽織!の画像)

これって柔術のムーブですよね!
さすがだ

969 :↑ :2005/06/05(日) 00:21:37 ID:KLvEXvKb
かなり両足のフックが効いてますよね。

970 :名無しさん@一本勝ち :2005/06/05(日) 00:42:52 ID:XjINNke4
こんな不安定な体勢でよくこれだけ相手をコントロールできるな。
どちらかというと乱馬は打撃一辺倒のストライカーってイメージがあったけど、さすがは無差別格闘流!
でも残念ながら、そけい部に足当てないと柔術じゃポイント入らないけどな。

971 :名無しさん@一本勝ち :2005/06/05(日) 01:18:13 ID:HdjETwL8
>>970
乱馬はTKシザースやもぐり系のムーブをよく使ってた。

972 :名無しさん@一本勝ち :2005/06/05(日) 01:25:42 ID:XjINNke4
>>971
マジで!?乱馬すげー!柔術も出来るんだ。
しかし天道道場の床は木張りのフローリングなのに、どこで寝技練習してたんだろうか…。

973 :名無しさん@一本勝ち :2005/06/05(日) 01:34:15 ID:HdjETwL8
>>972
高橋留美子がどの本を参考にしたかわからないが、
一応中拳にも下からの攻めなどの技らしきものがある。
BJJの寝技とは比べようもないけど。
倒れた時に、逆立ちをする要領で両足をぶん回して牽制しながら立ち上がったり、とか。

ネタレスするならば、乱馬たちは家の屋根の上を飛び移りながら修行する
ような化け物なので、板張りだろうと抗菌マットだろうと関係ないかと。


posted by ranma at 21:48 | TrackBack(0) | らんま1/2-07巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

らんま1/2 シャンプーの「にゃ〜ご」

らんま 1/2 07.03 召しませラーメン 高橋留美子 小学館
ranma07_0051.jpg

シャンプーは、耳元で猫のなぎ声をして、らんまの邪魔をしているのですが、僕はこのシーンを見て、筒井康隆の「馬は土曜に蒼ざめる」という話を思い出しました。

ひょんなことから馬になった主人公が、競馬に出場して、他の馬たちを追い抜くために、耳元で、野獣の鳴きまねをして蹴散らす。という話だったと思います。


posted by ranma at 22:55 | TrackBack(0) | らんま1/2-07巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

らんま1/2 召しませラーメン

らんま1/2 07.03 召しませラーメン 高橋留美子 小学館
ranma07_0040.jpg

このサブタイトルは、日清中華そば らうめん のコマーシャルからとられているのだと思います。
raumen.jpg
有森也実さんが、「召しませ、らうめん」と言っていました。1988年


参照 有森也実オフィシャルサイト
posted by ranma at 21:55 | TrackBack(0) | らんま1/2-07巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

らんま1/2 久能帯刀の夢について

らんま1/2 07.01 格闘出前レース 高橋留美子 小学館
ranma07_009.jpg
久能は、あかねと、おさげの女に、求愛される夢を見る。

ranma07_0012.jpg
久能は、夢の返事をしにあかねの所へやって来る。

この久能の行動は、ギャグ漫画の王道を行くような馬鹿ばかしさですが、しかしこれは、平安時代の夢の解釈に基いているのだと思います。

平安時代には、「夢に恋する人が現れるのは、相手が自分のことを思っているからだ。」というように信じられていました。有名な歌に次のようなものがあります。

百人一首 18番 藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)
住の江の 岸による波 よるさへや 夢の通ひ路 人目よくらむ
すみのえの きしによるなみ よるさへや ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ

意味:
住の江の岸に寄せる波の”寄る”という言葉ではないですが、夜、私の夢へ通う道さえも、人目を避けて、出てきてはくれないのですね。

注:「住の江」は、大阪の住吉区の辺り、昔は海岸だった。 

百人一首を楽しくよむ
posted by ranma at 23:51 | TrackBack(0) | らんま1/2-07巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。