らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2006年03月03日

魔法使いの弟子

らんま1/2 14.11 サンタクロースの弟子 高橋留美子 小学館
ranma14.11.jpg

この題名は、ゲーテの「魔法使いの弟子」からとられているのだと思います。
詩の内容はこんな感じです。

魔法使いの弟子が、師匠の留守中に、ホウキに魔法をかけて水汲みをさせます。ところが弟子は、それを止める呪文を覚えておらず、水が溢れ出します。弟子はホウキを折ってなんとか止めようとするのですが、二つに折れたホウキが、二人になってさらにどんどん水を運びます。もう館は大洪水です。そこへ師匠が帰ってきて、ホウキを止めるという話です。

このゲーテの詩を交響詩にしたのが、フランスのデュカスです。
DUKAS.jpg
魔法使いの弟子

そして更にこのデュカスの交響詩をディズニーがアニメーション映画にします。
fanta.jpg
ファンタジア

ところで、「止める呪文を忘れて、水が溢れかえる。」というのは、昔話などでよく使われるモチーフです。例えば、グリム童話の「おいしいお粥」という話は・・・お粥がどんどん出てくる鍋から、お粥を出したのはいいけれど、お粥を止める呪文が分からずに、町中がお粥で溢れかえるという話です。

うる星やつらの博物誌 いい日旅立ち
http://www.geocities.jp/urubosi82/txt/01_10.html



らんまの「サンタクロースの弟子」を読んで、僕はうる星やつらの「最後のデート」を思い出しました。

うる星やつら ワイド版 11.07 最後のデート
uruseiyatsura11.07.jpg

おそらく、高橋留美子氏は、「真夏」「クリスマス」「花火」のキーワードを使った三題噺を作ったのではないかと思います。
posted by ranma at 19:00 | TrackBack(0) | らんま1/2-13.14巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

早乙女流裏技秘奥義!!狼牙襲背態(ろうがしゅうはいたい)

らんま1/2 14.08 鉄壁! ラクガキ・パワー 高橋留美子 小学館
ranma14.08.jpg

うる星やつら ワイド版 07.25 竜之介一家団らん!! 高橋留美子 小学館
uruseiyatsura07.25.jpg
陰の兵法「うしろの正面の術」

この手の奥義というのは、ギャグマンがなどにはよくあるわけですが・・・
西洋にこんな話があります。

剣術師範と弟子
ある剣術の師範は、多くの町に道場を開き、剣術師範を養成していた。しかし弟子の一人に特に腕の立つ者がいて、自分にはルシファーがついていると自慢し、師匠よりも優れていると言って憚らなかった。こうしてこの師弟は命を張って試合をすることになった。
 二人は広場に落ち合い、当時の慣例に従い観衆の前で試合をした。二人がぶつかり合いそうになったその時、師匠は剣を静かに構えて、弟子に言った。
「私は二人を相手に試合をするとは聞いてなかったぞ」
 弟子は誰か助太刀をしてくれるのだろうかと後ろを振り返った。と、その隙に、師匠は飛び掛って、弟子の首を打ち落として言った。
「この打ち込みはまだお前に伝授してなかったな」
posted by ranma at 22:56 | TrackBack(0) | らんま1/2-13.14巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

あの星に誓う!

らんま1/2 14.04 特訓! ハンマー・ガール 高橋留美子 小学館
ranma14.04b.jpg

まあ、これは説明するまでもないと思いますが・・・

巨人の星
kyojin.jpg
posted by ranma at 21:07 | TrackBack(0) | らんま1/2-13.14巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

早まってはいけませーん!!

らんま1/2 14.04 特訓! ハンマー・ガール 高橋留美子 小学館
ranma14.04.jpg

うる星やつら ワイド版 01.01 かけめぐる青春 高橋留美子 小学館
Urusei 01.01.jpg

はやまってはいかーん!! と言って突き落とす古典的ギャグ。
うる星やつらの一番最初のギャグでした。

リンク
あぶない良い子
http://ranma.seesaa.net/article/7866432.html
posted by ranma at 22:18 | TrackBack(0) | らんま1/2-13.14巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

化け猫 VS クチナシ (36番勝負)

らんま1/2 14.03 恐怖 化け猫の花嫁 高橋留美子 小学館
ranma14.03.jpg

うる星やつら ワイド版 03.25 花から花へ 高橋留美子 小学館
UruseiYatsura03.25.jpg

花屋のお姉さんに振られたクチナシのその後。

化け猫とクチナシ、これは引き分けでしょうか?

36番勝負 10勝16敗10分け



ところで、クチナシが巨大化して化物になったのは、

UruseiYatsura03.25b.jpg

「水をやりすぎてはいけない」「エサをやりすぎてはいけない」・・・というやってはいけないことを あたるが やって・・・更に、テンがラム星の肥料を与えたりしたからですが・・・・
これは、映画のグレムリンを彷彿とさせます。

スティーブン・スピルバーグ 制作 監督 ジョージ・ダンテ
B00005HC62.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg
グレムリン amazon

「水に濡らさない」「太陽光にあてない」「夜中12時をすぎたら食べ物を与えてはいけない」。モグワイという不思議な動物に関する3つの約束。それを破ったために、子犬のようにかわいい小動物は、凶悪なモンスターのグレムリンになってしまう。

ちなみに、うる星やつら のこの話は、1981年に発表されており、グレムリンは、3年後の1984制作です。

参照リンク
うる星やつらの博物誌 インディー・ジョーンズ 魔宮の伝説
http://www.geocities.jp/urubosi82/motif/temple.html
posted by ranma at 02:04 | TrackBack(0) | らんま1/2-13.14巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

らんま1/2 氷の心

らんま1/2 13.05 特訓!!螺旋地獄 高橋留美子 小学館
ranma13.05.jpg

花平バズーカ 魔けてたまるか!! 作:小池一夫  画:永井豪
hna.jpg

山田花平(やまだはなへい)は、最弱の男だったが、悪魔に力を授けられ史上最強の男となる。しかし、氷の心を保たないと最弱な男に戻ってしまう。
posted by ranma at 21:38 | TrackBack(0) | らんま1/2-13.14巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

「貧力虚脱灸」と「ラム星のお灸」と「時計じかけのオレンジ」

らんま1/2 13.01 伝説の邪灸 高橋留美子 小学館
ranma13.01a.jpg

ranma13.01c.jpg

らんま1/2 13.02 最弱の男 高橋留美子 小学館
ranma13.02aJPG.jpg

乱馬は、八宝斉に、貧力虚脱灸(ひんりききょだつきゅう)をすえられて、力を奪われてしまいます。そして、乱馬が弱くなったことを知った者たちが、かさにかかって、乱馬に襲い掛かります。
このプロットは、「時計じかけのオレンジ」を想起させます。

監督:スタンリー・キューブリック
B000BTCMW4.09.LZZZZZZZ.jpg
時計じかけのオレンジ DVD amazon
時計じかけのオレンジ ハヤカワ文庫 アントニイ・バージェス amazon

悪逆非道の限りを尽くしてきたアレックスは、仲間の裏切りにより、捕まって投獄されてしまいます。しかし彼は、2週間で出所できるという「特別更正プログラム(洗脳プログラム)」に自ら志願します。こうしてアレックスは自由の身となるのですが、特別更正プログラムのために彼はあらゆる暴力を拒絶することになり、彼を憎む人々の憎悪に晒されることに・・・
参照
「うる星やつらの博物誌」幸せの黄色いリボン
http://www.geocities.jp/urubosi82/txt/01_16.html
また、うる星やつら ワイド版 13.18 のサブタイトルは、「電気仕掛けの御庭番」です。


相手が、弱ったと見ると、かさにかかって叩くというのは、まるで、現在のマスコミのようですが・・・・ところで、この「貧力虚脱灸」の原型は、「ラム星のお灸」ではないかと思います。

うる星やつら ワイド版 12.18 飛んでけ!肩こり 高橋留美子 小学館
uruseiyatsura12.18.jpg

あたるは、ラム星のお灸をすえられ、デビルマンのような翼が生えます。空が飛べるようになったあたるは、飛べることをいいことに、悪戯の限りを尽くします。ところがあたるの肩こりがとれると同時に、翼もどこかへ飛んでいってしまいます。・・・さて、翼のなくなったあたるは、どうなるか?・・・というところで話は終わります。

そういえば、超人ロックという漫画にも、特殊なアーマーを着ていた無敵の兵士が、動けなくなり、それまでさんざん苦しめてきた民衆に殺される。という話がありました。



キューブリック監督の映画や早川文庫の「時計じかけのオレンジ」では、原作の最終章の部分がカットされているそうです。どうやら原作者はこのことを、不本意に思っているようです。くわしく知りたい方は、次のページをどうぞ。
時計じかけのオレンジ第21章翻訳
http://www.geocities.jp/horrorshowguilty/cw21/cw21j.html
posted by ranma at 22:02 | TrackBack(0) | らんま1/2-13.14巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。