らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2006年01月04日

らんま1/2 うらみの滝

らんま1/2 12.11 愛のさば折り 高橋留美子 小学館
ranma12.11b.jpg

滝の裏側に空洞があり、そこから表側を見ることのできる滝を、「裏見の滝」と言います。
日光の「裏見の滝」は昔から有名で、松尾芭蕉も奥の細道で立ち寄り、俳句を詠んでいます。

奥の細道 (六) 松尾芭蕉
廿余丁、山を登つて滝有。岩洞の頂より飛流して百尺千岩の碧潭(へきたん)に落ちたり。岩窟に身をひそめ入りて、滝の裏よりみれば、うらみの滝と申伝え侍る也。

 暫時は滝に籠るや夏の初 (しばらくは、たきにこもるやげのはじめ)

滝の裏側が洞窟のようになっているというのは、冒険活劇などにはよくある設定です。ジュラシックパーク2 でも、ティラノザウルスに襲われた一行が、滝の中に逃げ込むというシーンがあったと思います。
posted by ranma at 00:59 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

好きすき大好き

らんま1/2 12.11 愛のさば折り 高橋留美子 小学館
ranma12.11.jpg

うる星やつら ワイド版 13.02 兄妹★愛の闘い;後編 高橋留美子 小学館
ruseiyatsura13.02.jpg

ダストスパート 行方不迷路の巻 高橋留美子 小学館
ダストスパート
2007/12/03 Yuzuhaさんに教えていただきました。

戸川純 好きすき大好き 2006年2月22日発売
sukisuki.jpg

Kiss me 殴るよに 唇に血が滲む程
Hold me あばらが音を立てて折れる程
好き好き大好き 好き好き大好き 好き好き大好き
愛してるって言わなきゃ殺す

posted by ranma at 00:45 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

らんま1/2 E.T.

らんま1/2 12.09 ついてこないで 高橋留美子 小学館
ranma12.09.jpg

うる星やつら ワイド版 12.20 活魚つかみどり(いけうおつかみどり)
高橋留美子 小学館

uruseiyatsura27.07.jpg

E.T. 監督: スティーヴン・スピルバーグ
B00005R22Y.09.LZZZZZZZ.jpg

参照リンク
「うる星やつら」の博物誌 エクストラ・テレストリアル
posted by ranma at 22:37 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

キューちゃんと、ピッドちゃん

らんま1/2 12.08 キューピッドの罠 高橋留美子 小学館
ranma12.08a.jpg

キューピッドシスターズにちなんで、レジャーランドのお風呂の湯の取り口は、キューピッドになっているようです。
ranma12.08b.jpg

ここには、キューピッドが4人描かれているのですが、でも本来キューピッドは1人だけしかいません。どうやらこれらは、エンゼルとキューピッドが混ざり合っているようです。

キューピッドは Cupid クピドの英語読みですが、ギリシア神話では、エロース(Eros)と呼ばれる愛の神様で、刺さると恋に落ちる矢と、嫌いになる矢の二種類の矢を持っています。一般にキューピッドは、ビーナスの息子とされていますが、この世界が出来た最初の頃に生まれたという説もあるようです。また、愛は盲目ということから、盲目として描かれることもあります。

エンゼル(angel)は、キリスト教の天使(神様の使い)のことで、キューピッドとは全く関係ありません。もちろん、高橋留美子氏は、このことを知った上で描いているのです。

うる星やつら ワイド版 12.12 愛の使者どすえ (キューピッドどすえ) 
高橋留美子 小学館

UruseiYatsura12_12.jpg

春 ボッティチェリ (画像をクリックすると拡大します)
primavera.jpg

真ん中にいる女性がビーナスで、空の上にいるのがキューピッドです。

うる星やつら ワイド版 04.13 ああ、図書館 高橋留美子 小学館
UruseiYatsura04.13.jpg

うる星やつら ワイド版 06.25 食べれば恐怖!! 高橋留美子 小学館
UruseiYatsura06.25.jpg

ビーナス誕生 ボッティチェリ
Sandro_Botticelli.jpg

受胎告知 ボッティチェリ
annunciation.jpg

同じボッティチェリの作品ですが、こちらは、大天使ガブリエルが、聖マリアに、キリストを身ごもったということを告げているところです。

これは、森永のエンゼルです。
morinaga.jpg

参照サイト
「うる星やつら」の博物誌
http://www.geocities.jp/urubosi82/txt/04_13.html
http://www.geocities.jp/urubosi82/txt/06_24.html
らんま/考 風神雷神図とビーナス誕生
http://ranma.seesaa.net/article/21784564.html
posted by ranma at 02:03 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

らんま1/2 なにかふんづけた? (35番勝負)

らんま1/2 12.06 遅刻させまーす 高橋留美子 小学館
ranma12.06a.jpg

ranma12.06b.jpg

犬夜叉 02.04 半妖(はんよう) 高橋留美子 小学館
inuyasha02.04a.jpg

inuyasha02.04b.jpg

校長もかなりひどい目にあっていますが、冥加は、ブチと潰されているので、これは かごめ の方が凄いでしょう。

35番勝負 10勝16敗9分け
posted by ranma at 20:16 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

らんま1/2 大リーグボール1号

らんま1/2 12.05 一発逆転 高橋留美子 小学館
ranma12.05.jpg

これは、巨人の星のオズマですね。

巨人の星 7 ようこそカージナルス 梶原一騎・川崎のぼる (講談社漫画文庫)
kyojin07.01.jpg

なぜ、オズマかと言いますと、
ranma12.05b.jpg

この、「予定通りのところにない。」というのが、星飛雄馬(ほしひゅうま)の大リーグボール1号に対して、オズマのとった作戦だったのです。

kyojin07a.jpg
kyojin07b.jpg

大リーグボール1号は、打者のバットに当ててしまうという魔球なのですが、オズマは、バットから手を放してバットを地面に落とし、この魔球を破ります。しかし、飛雄馬(ひゅうま)も負けてはいません。この対策として、手を放して落ちて行くバットにボールを当ててしまいます。

そして、9回表の対戦、飛雄馬の投げたストレートをオズマが打ち損じたところから、飛雄馬はオズマの次の作戦を予測します。

「オズマが打ち損じたのは、グリップの握りが甘かったからで、それは、オズマが投手に向かってバットを振り投げようとしていたからだ。」と、飛雄馬は予測するのです。それが次のシーンです。
kyojin07c.jpg

ところで、この、「見た! 読んだ! 予測した!」というのは、ジュリアス・シーザーの有名な戦勝報告書、「来た、見た、勝った」
(veni,vidi,vici.ウェーニー・ウィーディー・ウィーキー) からとられているのだと思います。

ついでですが、ジュリアス・シーザー というのは、Julius Caesar の英語読みで、本来は、(ユリウス・カエサル)と、ローマ字読みをします。(この場合時の「J」 は、ヤ(Ja)、ユ(Ju)、 ヨ(Jo)、というような読み方をします。)


テレビアニメの、大リーグボール1号については、島本和彦先生がラジオで熱く語られていました・・・
「島本和彦のマンガチックにいこう! STVラジオ」mp3 800kb

参照リンク
STVラジオ
posted by ranma at 05:27 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

らんま1/2 ハナ肇の銅像コント

らんま1/2 12.04 みんな危機一髪 高橋留美子 小学館
ranma12.04c.jpg

これは、「新春スターかくし芸大会」の名物だった。
ハナ肇の銅像コントですね。

hana_dozo_s.jpg
富田庸のホームページさんの恐怖の館より拝借しました。

そういえば、水島新司の「ドカベン」にも校長が銅像に入っているという話があったと思います。
posted by ranma at 22:37 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

らんま1/2 勝手なキャプション(32番勝負)

らんま1/2 12.04 みんな危機一髪 高橋留美子 小学館
ranma12.04b.jpg

うる星やつら ワイド版 13.11 電飾の魔境 高橋留美子 小学館
uruseiyatsura13.11.jpg

ちなみに、蘭学事始 杉田玄白 著
rangaku.jpg

でも、一番凄いのは・・・・
うる星やつら ワイド版 13.10 電飾の魔境 高橋留美子 小学館
uruseiyatsura13.10.jpg

ということで・・・竜之介の父親の勝ち。

32番勝負 10勝13敗9分け
posted by ranma at 21:37 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

らんま1/2 帯刀(タッチイ)の後ろ頭に書かれた地図

らんま1/2 12.04 みんな危機一髪 高橋留美子 小学館
ranma12.04.jpg

子供の頃読んだ「忍者入門」という本に、・・・昔、忍者は密書を届けるときに、まず、髪の毛を剃って、頭の地肌に刺青で密書の内容を書き込み、髪の毛が生えてから、密書を届けに行くと書いてあったと思うのですが・・・・どうも記憶が曖昧なんですよね。

そういえば、キアヌ・リーブス主演で、ビートたけしが競演した、JM という映画でも、データの運び屋のキアヌは、頭の中にデータを入れて運んでいました。これは、1995年の映画でした。

B00005GDUU.09._SCMZZZZZZZ_.jpg
amazon
posted by ranma at 20:02 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

らんま1/2 久能流木刀ささら崩し!! 

らんま1/2 12.03 校長の息子 高橋留美子 小学館
ranma12.03b.jpg

「ささら (簓)」は、日本の伝統的な楽器のことで、「ササラ、ササラ」と音がするので、「ささら」という名前になったそうです。

ところで、ささらには、「すりざさら」と「板ざさら(びんざさら)」の二種類があります。

sasara.jpg
これは、「すりざさら」で、竹を細く裂いて束ねたものです。これを「擦って」音を出します。実はこの写真は、中華鍋などを洗う道具なんですが・・・こういうのも「ささら」といいます。

nari-05.jpg
こちらが、「板ざさら」で、小さな板を糸で繋いだ楽器です。

ところで、「板ざさら」といえば、富山県の五箇山の「こきりこ踊り」で使われる楽器として有名です。・・・・以前、「らんま/考」の 看板男の技についての考察 で、看板男の技は、「南京たますだれ」ではないか? と言ったのですが、実は、この南京たますだれは、「こきりこ踊り」から派生したものだと言われています。

つまり、「すりざさら」から生まれたのが、「久能流木刀ささら崩し!!」で、「板ざさら」から生まれたのが、「看板男の技」ということになります。

参照リンク
和楽器.com
奉納こきりこ

これはココリコ
kokoriko.jpg
posted by ranma at 16:23 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

らんま1/2 スクリーンの風景

らんま1/2 12.02 冒険! 校長室 高橋留美子 小学館
ranma12.02b.jpg

らんま1/2 TVアニメ エンディング(プラトニックをつらぬいて)
ranma_ed.jpg

これらは、目の前に広がる風景は、実はスクリーンに映し出された風景であった。あるいは、看板の絵であった。というような技法ですが、最近では、エバラのコマーシャルで、島崎和歌子さんが、森の中を歩いているが・・・・実はそれはスクリーンの映像で、本当は家の中のウォーキングマシーンの上を歩いているだけだった。というような落ちのコマーシャルがあったと思うのですが・・・一度見ただけなので、細かい点は間違えているかも知れません。詳しくご存知の方、情報お待ちしております。

これらの技法を最初に用いたのは、1938年のディズニーアニメ、
「ミッキーの移動住宅」(Mickey's Trailer) だと思います。
朝、美しい草原の中の一軒家で目を覚ましたミッキー。しかしボタンを一つ押すと、スクリーンが畳まれ、煙を撒き散らす工場が姿を現す。というような出だしでした。

昔のディズニーアニメは、大変クオリティーが高く、日本のアニメも色々と参考にしたようです。
例えば、ルパン三世 ルパンVS複製人間 のカーチェースのガードレールを走るシーン。
mamou.jpg
これも、「ミッキーの移動住宅」の中にあったと思います。
それから、ルパン三世 カリオストロの城のカーチェースの、森の中を走り小鳥が車に飛び込んでくるシーン。
kariostrocar.jpg
これも確か、「ミッキーの移動住宅」の中にあったと思います。
機会がありました。「ミッキーの移動住宅」見直してみたいと思います。

そういえば、フリップ・K・ディック の、「いたずらの問題」という作品の住宅の様子も、「ミッキーの移動住宅」と似ている。というような、解説を以前読んだ記憶があるのですが・・・・先ほど、「いだすらの問題」の解説を見直したのですが、載っていませんでした。おそらく別な作品の解説で、ついでに書かれていたのだと思います。ご存知の方、情報お待ちしております。

参照リンク The Encyclopedia of Disney Animated Shorts


ネットで検索したところ、次のDVDに、「ミッキーの移動住宅」が入っているようです。
B000223MA6.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg
ミッキーマウス / カラー・エピソード Vol.1amazon
posted by ranma at 23:55 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

らんま1/2 ダッコちゃん

らんま1/2 12.02 冒険! 校長室 高橋留美子 小学館
ranma12.02.jpg

うる星やつら ワイド版 03.24 ふたりだけのデート 高橋留美子 小学館
uruseiyatsura07.07.jpg

うる星やつら ワイド版 06.02 所持品検査だ! 高橋留美子 小学館
uruseiyatsura12.04.jpg

ダッコちゃんは、1960年にタカラが発売して、大流行した人形です。その後、何度かリバイバルしたのですが、1980年代後半頃から、「ちびくろさんぼ」や「カルピスの商標マーク」などとともに黒人差別と糾弾され、完全に姿を消してしまいます。その後カラフルなダッコちゃんを販売して、うまく切り抜けたようですが、現在は、タカラでは全く販売していないようです。

「ちびくろさんぼ」は黒人差別ということで、1988年に絶版になってしまったのですが、ところが、当のアメリカで、1996年に復刊されることになり、・・・それじゃあ、なぜ日本ではダメなのか? というような論争が起き、その後新訳の「ちびくろさんぼ」が数多く出版されました。そして、2005年4月に、とうとう旧版の「ちびくろさんぼ」が瑞雲舎から復刊されました。でも、カルピスの商標マークは、もう日の目を見ることはないのでしょうかね。

参照リンク
コレクター天国 ダッコちゃんな世界
瑞雲舎 ちびくろ・さんぼ
「うる星やつら」の博物誌 所持品検査だ!

4916016556.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg
ちびくろさんぼ amazon
posted by ranma at 19:09 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

らんま1/2 鎖に繋がれたあかね Part2

らんま1/2 12.01 帰ってきた校長 高橋留美子 小学館
ranma12.01b.jpg

このシーンは、先の 鎖に繋がれたあかねPart1 よりもシチュエーションとしては、「鎖で繋がれたアンドロメダ」に近いものです。悪い校長に囚われたあかねを、乱馬は救えるのか!? という話ですが・・・まあ、あかねの場合は、乱馬に助けてもらうまでもありませんでした。

ranma12.01c.jpg

ところで、どうも腑に落ちないのですが、そもそもあかねは、どうして囚われの身になってしまったのでしょうか? こんなに強いあかねが、やすやすと囚われの身になるはずがありません。高橋留美子氏の漫画には、荒唐無稽な話は無数にありますが、このような唐突なシチュエーションは今迄になかったと思います。

もしかすると、あかねが繋がれる経緯が、本当はあったのかもしれません。しかしなんらかの理由で、その部分がカットされてしまったように思えます。
(一言入れれば解決しますよね。クロロフォルムを嗅がせたとか・・・そういうのがアレだったのかも・・・?)
posted by ranma at 19:08 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

らんま1/2 雪だるま (31番勝負)

らんま1/2 12.01 帰ってきた校長 高橋留美子 小学館
ranma12.01.jpg

うる星やつら ワイド版 05.24 旅の雪ダルマ情話 高橋留美子 小学館
uruseiyatsura05.24.jpg

まあ、雪だるまなので、似ているのが当然なんですけどね。ということで、引き分け。

31番勝負 10勝12敗9分け

参照リンク うる星やつらの博物誌 旅の雪だるま情話
posted by ranma at 22:30 | TrackBack(0) | らんま1/2-12巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。