らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2006年12月27日

イヤミのシェー

らんま1/2 16.08 格闘ディナーでございます 高橋留美子 小学館
ranma16.08c.JPG

おフランス料理ということで・・・おそ松くんのイヤミのシェーですね。

おそ松くん イヤミ 赤塚不二夫


イヤミは、自分をミーと呼び、語尾に「ザンス」をつけるのが特徴なのですが、そういえば、マダム・サンポールも「ザンス」と言いますね。

マダム・サンポールのモデルは、アルプスの少女ハイジのロッテンマイヤーのような気がしますが・・・。

posted by ranma at 21:13 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

ピコレット・シャルダン と マダム・サンポール

らんま1/2 16.09 怪奇! お上品館  高橋留美子 小学館
ranma_saintpaul.JPG
シャルダン・ピコレットとマダム・サンポールですが、どちらもトイレ周りの商品に関係のある名前ですね。

エステー化学 マイシャルダン


ピコレットも、トイレの消臭剤として有名でしたが、現在は生産されていないようです。

サンポール


ところで、サンポールですが、これは、キリスト教の聖人として有名な、「聖パウロ」のフランス語読みの Saint Paul のことでしょうね。
英語読みのセントポールはロンドンの大聖堂がとても有名ですよね。
StPaulsCathedralSouth.jpg

ポルトガル語だと、サンパウロとなります。ブラジルの都市の名前にもなっていますね。
Estadio_Pacaembu3.jpg

聖パウロは、はじめは熱烈なユダヤ教徒で、キリスト教徒を激しく弾圧し、聖ステパノの殺害にも関与したのですが、復活したキリストを垣間見たことから、キリスト教の伝道者となり、後にローマで殉教したと言われています。

それにしてもなぜ、トイレの洗浄剤に聖者の名前がついているのでしょうか? まあ、汚れを洗い清めるという点では、同じなのかも・・・?


posted by ranma at 23:33 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

グルメ・デ・フォワグラの正体

らんま1/2 17.02 必殺技完成? 高橋留美子 小学館
ranma17.02.jpg

先にも見たように、グルメ・デ・フォアグラは、知らぬ間に相手の口の中に自分の食べ物を詰め込んでしまうという技なのですが・・・
この必殺技を考え出したのは、小さな口(プチ・ブーシュ)という者たちでした。

らんま1/2 16.11 必殺! グルメ・デ・フォワグラ
ranma16.11b.jpg

これらのことは、日本の民話などに出てくる次の話を想起させます。

食わず女房
あるけちな男が、口の無い女房が欲しいと言っていると、本当に、口の無い女が嫁にしてくれとやってくる。男はこれは願っても無いことだと言って、その女を嫁にする。
しかし、その女を妻に迎えてからというもの、みるみるうちに、米が無くなって行く。そこで男は隠れて女の様子をうかがってみると、女は頭の後ろにある巨大な口に、握り飯を詰め込んでいた。

この話は、「らんま1/2 連獅子」で紹介した、「二口女」の類話なのですが、筒井康隆の小説にも、地球人と外見のよく似た宇宙人・・・しかし本当の口はお腹についていた。という話がありした。

水木しげるの妖怪文庫 (二) 二口女(ふたくちおんな)


らんまに出てくる、小さな口(プチ・ブーシュ) は、頭の後ろではなく、敵の大きな口に食べ物を詰め込むのですが、モデルは「食わず女房」であるように思えます。

リンク
グルメ・デ・フォワグラの片鱗http://ranma.seesaa.net/article/23087802.html
らんま1/2 連獅子 
http://ranma.seesaa.net/article/15910186.html
posted by ranma at 23:26 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

らんま1/2 グルメ・デ・フォワグラの片鱗

らんま1/2 16.11 必殺! グルメ・デ・フォワグラ 高橋留美子 小学館
ranma16.11.jpg

らんま1/2 17.02 必殺技完成? 高橋留美子 小学館
ranma17.02.jpg

グルメ・デ・フォワグラは、敵の知らぬ間に敵の口の中に、目にもとまらぬ速さで、自分の食べ物を押し込んでしまうという技なのですが、さて、らんまがこの技の片鱗を最初に垣間見たのはいつだったのか? と言いますと・・・それはもしかすると、博奕王キングとの闘いの中だったのかもしれません。

らんま1/2 15.07 逆転ギャンブラー 高橋留美子 小学館
ranma15.07b.jpg

リンク
グルメ・デ・フォワグラの正体
http://ranma.seesaa.net/article/23368545.html
posted by ranma at 01:26 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

風神雷神図とビーナス誕生

らんま1/2 16.10 飢えたマドモアゼル 高橋留美子 小学館
ranma16.10c.jpg

これは、ボッティチェリの「ビーナス誕生」と、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」が組み合わされた絵ですね。

ビーナス誕生
http://ranma.seesaa.net/article/10952148.html

風神雷神図
http://ranma.seesaa.net/article/3085799.html

posted by ranma at 22:04 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

らんま1/2 気持ちだけもらっておくぜ

らんま1/2 16.10 飢えたマドモアゼル 高橋留美子 小学館
ranma16.10a.jpg
ranma16.10b.jpg


あしたのジョー 8巻 高森朝雄 ちばてつや 講談社
asitanojo08a.jpg
asitanojo08b.jpg

力石徹は矢吹ジョーとの試合のために、無理な減量をするが、それに耐え切れず、夜中水を求めてさまよい出す。そこへ、白木葉子が白湯を差し出す。

リンク
らんま/考 ダブル・クロスカウンター
http://ranma.seesaa.net/article/26769770.html
posted by ranma at 22:24 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

らんま1/2 ルール

らんま1/2 16.09 怪奇! お上品館 高橋留美子 小学館
ranma16.09b.jpg

らんま1/2では、新体操をはじめ、スケートやお茶など、あらゆる分野が格闘技となっているのが面白いところですが、ここで更に面白くしているのが、わけの分からないルールです。
例えば、格闘新体操では、「道具を使って攻撃しなければならない。」であり、格闘茶道では、「正座をしていなければならない。」というようなものです。これらのルールにより、乱馬の動きは制限されて、そのルールに縛られることにより、色々なギャグが生まれてきます。

しかし、わけの分からないルールとは言っても、新体操で道具を使わなければならない。ということや、茶道で正座をしていなければならない。というのは、それなりに納得できるルールです。・・・ところが、今回の「おフランス流格闘ディナー」では、「食べている姿を見せてはいけない」というのです。
この理不尽とも言えるとんでもないルールを、我々読者に、さらりと、受け入れさせてしまうところが、るーみっくわーるどの凄いところだと思います。
posted by ranma at 22:09 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

らんま1/2 Arrow 社の広告

らんま1/2 16.09 怪奇! お上品館
ranma16.10.jpg

Arrow Collars and Shirts company by J.C.Leyendecker
ranma16.10.jpg

J.C.Leyendeckert による、Arrow 社の広告

今回のこの記事は、次のHPを参考にさせて頂きました。

Ranma 1/2 perfect edition
http://furinkan.com/ranma/
inspirations
http://furinkan.com/ranma/misc/inspirations.html

Arrow
http://www.arrowshirt.com/heritage.aspx

Kenggu.com
http://www.kengyu.com/Leyendecker.htm
posted by ranma at 01:48 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

娘を"かた"にする

らんま1/2 16.08 格闘ディナーでございます 高橋留美子 小学館
ranma16.08.jpg

早雲と弦馬は若い頃、格闘ディナーに負けて、娘を嫁にすると約束してしまうのですが、これは、「うる星やつら ボーイ ミーツ ガール」と同じモチーフであり、「らんま1/2 09.07 右京の正体」や「アニメ らんま1/2 熱闘篇 激突!出前格闘レース」の類型です。

そして、これらのモチーフの基になったのは、グリム童話の「三人姉妹」という話ではないかと思います。

ある王様が、遊び暮らしてお金を使い切ってしまい、森へと狩りに行くのだが、そこで、人間の言葉を話す熊に捕まり、長女を要求される。次に鷹狩に行くと、今度は、人間の言葉を話す鷲に捕まり、次女を要求される。更に魚をとりに行くと、人間の言葉を話す鯨に捕まり、末娘を要求される・・・

有名な、「美女と野獣」という話も、こういった昔話が基になっているのだと思います。

参考
らんま/考 右京の正体
http://ranma.seesaa.net/article/6525821.html
posted by ranma at 23:41 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

らんま1/2 来年がある。

らんま1/2 16.07 遥かなるゴール 高橋留美子 小学館
ranma16.07f.jpg

うる星やつら ワイド版 03.04 マンナンウォーズ 高橋留美子 小学館
uruseiyatsura03.04.jpg

全部食べたら料金はただ、という「地獄のフルコース」で、さくら先生に食い尽くされて敗れ去った。ホテルの従業員たち。

らんま1/2では、描かれていませんが、うる星やつらでは、ホテルの従業員たちは、泣きながら土を袋につめています。これは、高校野球の甲子園の大会で、負けたチームが甲子園の土を持ち帰るという光景のパロディですね。

そういえば、「遥かなる甲子園」という野球漫画がありました。

リンク うる星やつらの博物誌 大食い
http://www.geocities.jp/urubosi82/motif/big_eater.html
posted by ranma at 22:03 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

らんま1/2 ペンギン湯 VS 絶叫大虎湯!

らんま1/2 16.07 遥かなるゴール 高橋留美子 小学館
ranma16.07a.jpg

ranma16.07b.jpg
にこにこペンギン湯が・・・極寒の水風呂だというのは、察しがつくのですが・・・

ranma16.07c.jpg

ranma16.07d.jpg
では、絶叫大虎湯が・・・・なぜ日本酒の熱燗かと言いますと。

ひどく酔っ払うことを、「虎になる」あるいは、「大虎になる」と言います。普段はおとなしい人でも、酔うと、虎のように凶暴になるというような意味があるのかもしれません。

諺に、「時に遇えば鼠も虎となる」というのがありますが、これと多少は関連があるのかもしれません。そういえば、この諺について、「鼠は遺伝子レベルでは、絶対に虎にはならない。」というような面白い突っ込みをしているのを見たことがありますが・・・・(^^)
遺伝子レベルでは無理でも、インドの聖人ならば、鼠を虎に変えるくらい何でもないようです。

インドの昔話

 ガウタマ大仙の修行の森に、マハータパスという名の聖者がいました。その聖者は、庵の近くでカラスの口から鼠の子が落ちて来たのを見つけました。そこで情け深い聖者は、鼠を養いました。ところがその鼠を食べようと、猫が狙っているのを聖者は見つけました。そこで聖者は苦行の力でその鼠を猫にしました。その猫は犬を恐れました。それで猫は犬に変えられました。犬は虎を大変恐れました。そこで犬は直ちに虎にされました。ところが虎になっても、聖者はその虎を鼠と同じように扱いました。人々はその聖者を見ると皆、
「この聖者が鼠を虎に変えたのだ」
と言いました。これを聞いた虎は悲しくなって次のように考えました。
「この聖者が生きている間は、俺の素性についての不名誉な話はやまないだろう」
こう考えて虎は聖者を殺しに行ったのです。聖者はこれを知ると、虎を再び鼠に変えてしまいました。

先の諺も、案外こういった昔話と関係しているのかもしれません。

ranma16.07e.jpg
乱馬の場合は、かー と寝てしまっているので、これは泥酔ですね。
ちなみに、泥酔(でいすい) の泥(デイ)の字は、泥(どろ)のことではなく、中国の南海に棲む軟体動物のことだそうです。人の酔った姿が、デイという軟体動物に似ているところから、泥酔という言葉ができたようです。

酒好きの李白(りはく)の漢詩に次のようなものがあります。

襄陽の歌 李白

落日没せんと欲すケン山の西
倒(さかしま)に接籬(しょうり)を著(つ)けて花下(かか)に迷う
襄陽の小児 斉(ひと)しく手を拍(う)ち
街をさえぎり争って唱うハクドウテイ
傍人 借問(しゃくもん)す 何事を笑うと
笑殺(しょうさつ)す 山公(さんこう)酔いて泥に似たるを
・・・・・

酒を呑んで酔っ払うと、虎になったり、泥になったりと色々と変身するようです。

参照リンク
襄陽の歌
http://home.att.ne.jp/wave/ayumi/SakeLave/Li_Po13.htm
posted by ranma at 08:38 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

らんま1/2 伝説の大技、大岡裂き!

らんま1/2 16.06 最後の選択 高橋留美子 小学館
ranma16.06b.jpg

ムースによると、あかねとシャンプーによる乱馬の引っ張り合いは、伝説の大技、大岡裂き(おおおかざき)であるという・・・

日本の江戸時代・・・子供をとりあう二人の母親がいた・・・
互いにゆずろうとせんので時の名奉行大岡越前が、ひっぱりっこして、勝った方が母でござ候あっぱれ!

だが、母の力は強し! 子供はまっぷたつに裂けてしまったという・・・。

まあ、日本では知らぬ者はない有名な話ですが・・・(^^)
実はこれに似た話は、旧約聖書にもあります。

旧約聖書 列王記上3.16−28
16 そのころ、ふたりの遊女が王のところに来て、その前に立った。

17 ひとりの女が言った。「わが君。私とこの女とは同じ家に住んでおります。私はこの女といっしょに家にいるとき子どもを産みました。 18 ところが、私が子どもを産んで三日たつと、この女も子どもを産みました。家には私たちのほか、だれもいっしょにいた者はなく、家にはただ私たちふたりだけでした。19 ところが、夜の間に、この女の産んだ子が死にました。この女が自分の子の上に伏したからです。

20 この女は夜中に起きて、はしためが眠っている間に、私のそばから私の子を取って、自分のふところに抱いて寝かせ、自分の死んだ子を私のふところに寝かせたのです。 21 朝、私が子どもに乳を飲ませようとして起きてみると、どうでしょう、子どもは死んでいるではありませんか。朝、その子をよく見てみると、まあ、その子は私が産んだ子ではないのです。

22 すると、もうひとりの女が言った。「いいえ、生きているのが私の子で、死んでいるのはあなたの子です。」先の女は言った。「いいえ、死んだのがあなたの子で、生きているのが私の子です。」こうして、女たちは王の前で言い合った。

23 そこで王は言った。「ひとりは『生きているのが私の子で、死んでいるのはあなたの子だ。』と言い、また、もうひとりは『いや、死んだのがあなたの子で、生きているのが私の子だ。』と言う。」 24 そして、王は、「剣をここに持って来なさい。」と命じた。剣が王の前に持って来られると、 25 王は言った。「生きている子どもを二つに断ち切り、半分をこちらに、半分をそちらに与えなさい。」

26 すると、生きている子の母親は、自分の子を哀れに思って胸が熱くなり、王に申し立てて言った。「わが君。どうか、その生きている子をあの女にあげてください。決してその子を殺さないでください。」しかし、もうひとりの女は、「それを私のものにも、あなたのものにもしないで、断ち切ってください。」と言った。

27 そこで王は宣告を下して言った。「生きている子どもを初めの女に与えなさい。決してその子を殺してはならない。彼女がその子の母親なのだ。」

28 イスラエル人はみな、王が下したさばきを聞いて、王を恐れた。神の知恵が彼のうちにあって、さばきをするのを見たからである。



さらに、似た話は、仏教の説話にもあります。大岡越前の話は、仏教系統の説話が中国に渡りそれが日本に伝えられたもののようです。
posted by ranma at 21:21 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

らんま1/2 女湯強行突破

らんま1/2 16.06 最後の選択 高橋留美子 小学館
ranma16.06.jpg

うる星やつら ワイド版 15.04 愛と勇気の花一輪;前編
UruseiYatusra15.04.jpg
posted by ranma at 20:43 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

らんま1/2 ヘリコプターの救出

らんま1/2 15.05 乱馬リタイア!? 高橋留美子 小学館
ranma16.05.jpg

らんまとは直接関係ないのですが、この章を読んでいて、バルト海でフェリーが沈没した時の、ニュース映像が頭をよぎりました。

1994年9月28日に、スウェーデン船籍のエストニア号が、荒れ狂うバルト海で沈没してしまったのです。大勢の人が冷たい海に投げ出されました。
救助のヘリコプターが現場に急行し、浮き輪をつけたロープが投げ込まれ、救出が行われました。

ある男性のもとに浮き輪が投げられ、男性はそれにつかまり、ヘリコプターに引き上げられて行ったのですが、途中で、下を振り返り、女性が溺れているのに気がつくと、この男性は海に飛び込んで、その女性に自分のつかまっていた浮き輪を渡し、女性を先に引き上げさせたのです。女性は無事にヘリコプターに引き上げられたのですが・・・再び海を見ると、既にその男性の姿はありませんでした。
posted by ranma at 23:09 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

らんま1/2 ワニ渡り

らんま1/2 16.03 スクランブル二人三脚 高橋留美子 小学館
ranma16.03b.jpg

うる星やつら ワイド版 14.23 潔癖の要塞;中編 高橋留美子 小学館
UruseiYatsura14.23.jpg

ワニの上を飛び越えて行くというモチーフは、ディズニーの、「プルートの動物園」という話にもあったと思います。

UruseiYatsura14.23.jpg
Pluto At the Zoo amazon.com

この、「ワニを飛び越えて、対岸へたどり着く。」というモチーフの原型は、次のようなインドの昔話ではないかと思います。

ジャッカルとワニ
対岸の土手になっているジャンプーの実が食べたくなったジャッカルは、ワニに、お嫁さんを紹介してやるからと嘘を言って、ワニの背中に乗って対岸へと渡る。

このような話が、何匹ものワニに列を作らせて、その上をウサギが渡る。というような、ジャワやインドネシアに広く分布する話となり、そしてこの話は、海を渡って、日本にもたどりついたようです。

古事記 因幡の白兎
隠岐島(おきのしま)に住むウサギは、因幡国(いなばのくに)に渡ってみたくなった。でも泳いで渡ることはできない。そこでウサギはサメをだますことを思いつき、同族の数を比べようとサメに持ちかけて、サメを因幡国の気多崎(けたのさき)まで並ばせた。ウサギはサメの上を数えながら渡って行ったが、もう少しで対岸にたどりつこうとした時に、「お前たちはだまされたのだ」と言ってしまつたので、最後のワニに捕らえられて皮をはがれてしまう。

日本では、ワニがサメになっていますが、島根の辺りでは今でもサメのことを「ワニ」と呼ぶそうです。またこのサメは、ワニザメとも呼ばれます。
posted by ranma at 22:52 | TrackBack(0) | らんま1/2-16巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。