らんま/考 は移動しました。

http://uruseiyatsura.web.fc2.com/ranma/index.html

るーみっくと私

ギャラリー

るーみっく-ブログ-リンク

らんま/考 らんま1/2についての考察

欧米でのらんま1/2

らんま雑考

犬研 犬夜叉の研究

その他の漫画やアニメ

うる星やつらの博物誌

掲示板

お絵描きるーみっく

新たな記事も増やして行きますので、
今後とも宜しくお願い致します。(^^)





2007年06月15日

絵の中で幸せに

らんま1/2 17.11 放たれた呪い画 高橋留美子 小学館
ranma17.11c.jpg

幽霊が絵から抜け出し帰って行くというは話しは、色々とあると思いますが、この結末を見て、次のような古典落語が思い浮かびました。

古典落語 抜け雀

 小田原に相模屋吉兵衛という旅籠屋があった。そこへ泊まりこんだ客が、一日中飲み続けて一文も払わない。主人が催促すると、金がないのでその代わりに、そこにあるついたてに絵を描くと言って、雀を五羽描き、「この絵は、買いたいとう者があっても売ってはならない」と言って出て行った。

 翌朝になると、雀がついたてから抜け出して、パタパタ飛び回り、しばらくすると、ついたての中へ戻って行く。これが評判となり、雀を見る客も大勢やって来た。ある日のことお忍びで大久保加賀守がお目見えになり、「この絵を是非買い上げたい」と言われたが、売ってはならぬと約束しているので断ると、「これは千両の値打ちがある。これを描いた者が現れたら城内に知らせよ」と言って帰った。

 こうして評判が評判を呼び、相模屋は大繁盛した。ある日のこと、六十歳くらいの老人が、ついたてを見てこう言った。
「このままではこの雀は死ぬな。羽を休めるところがないので、疲れて死んでしまうぞ」
 老人はこう言うと、絵に籠を描き加えた。すると抜け出した雀は、籠の中に入り羽を休めた。

 それからしばらくして、くだんの絵描きが立派な身なりをしてたずねて来た。そして、ついたてに描き加えられた籠を見ると、
「父上、親不孝をお許し下さい」
 と涙を流した。主人がわけを尋ねると。籠を描き加えてくれたのは、自分の父親だと言う。主人は、あなたは、こんなに立派な絵が描けるのですから、親不孝ということはありますまい。と慰めると。
「いや、ご主人、わたしは親にカゴをかかせてしまった」

註:下げは、「鳥籠」の「カゴ」と、「駕籠かき」の「カゴ」をかけています。昔は、「駕籠かき」という商売は、あまり尊ばれていなかったようです。詳しくは、

うる星やつらの博物誌 町に石油の雨がふる!
古典落語 蜘蛛駕籠
 を参照下さい。
http://www.geocities.jp/urubosi82/txt/01_03.html

そういえば、「町に石油の雨がふる!」のタクシーの運転手と、映画「オンリー・ユー」のバスの運転手は、同じ宇宙人でしたよね。



らんま1/2 の絵描きは、掛け軸に、「乱馬」を描き加えて、幽霊パンダを幸せにしてあげたのですから、古典落語の、鳥籠と同じ役割をしているということになるかもしれません。
posted by ranma at 22:40 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

幽霊とのデート

らんま1/2 17.11 放たれた呪い画 高橋留美子 小学館
ranma17.11b.jpg

らんま1/2の「サンタクロースの弟子」は、うる星やつら「最後のデート」と同じく、

「真夏」 「クリスマス」 「花火」

の3つのキーワードを使った三題噺ではないか? と以前書いたのですが、今度のこの話は、キーワードではなく、

「幽霊が好きな人とデートをして成仏する」

というような話のプロットが同じになっています。

更に、「すもももももも 地上最強のヨメ」のTVオリジナル 14話の 「お化け屋敷の恋騒動」は、うる星やつらの「最後のデート」のTV版「ダーリンのやさしさが好きだっちゃ・・・」のパロディになっているようです。

引っ込み思案で、クラスのみんなからその存在を忘れられている、宮沢ルミは、ひょんなことから、昔、好きな人にその思いを告白できずに死んでしまった、矢沢ナルミ の幽霊と勘違いされる。

犬塚孝士に思いを寄せていた彼女は、その状況を利用して、文化祭に一緒に過してくれるようにと孝士にお願いする。こうして彼女は孝士と一緒に文化祭を過ごすことができる。しかし、彼女は思いを遂げたので当然の帰結として、成仏しなければならなくなる。(機械マニアの彼女は、その技術力で天へと昇って行く)


この宮沢ルミなんですが、この人の台詞回しが、うる星やつらの「ダーリンのやさしさが好きだっちゃ・・・」の望(のぞみ)と大変よく似ているのです。たとえば次のような感じです。

うる星やつら TV 180話 ダーリンのやさしさが好きだっちゃ・・・


すもももももも 地上最強のヨメ TV 14話 お化け屋敷の恋騒動



関連記事
すもももももも 百円玉を拾う
http://ranma.seesaa.net/article/26899832.html
posted by ranma at 02:07 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

呪い的絵画・・その死因

らんま1/2 17.11 放たれた呪い画 高橋留美子 小学館
ranma17.11.jpg

この絵を描いた一人は、一年後に、もう一人は三年後にに死んでいるのですが、その死因は明らかにされていません。そこで、その死因を探ってみたいと思います。

うる星やつら ワイド版 15.10 ヤギさんとチーズ 高橋留美子 小学館
uruseiyatsura15.10.jpg
uruseiyatsura15.10b.jpg

「うる星やつら」のこの話でも、ヤギの幽霊に写真を食われた者は皆、死んでしまいます。

それで、その死因とは・・・?

uruseiyatsura15.10c.jpg

死因は、寿命だったようです。(^^)
posted by ranma at 20:48 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

巨大迷路

らんま1/2 17.10 愛と復讐の迷路 高橋留美子 小学館
ranma17.10.jpg

最近ではほとんど見かけませんが、1980年の後半に、巨大迷路が大流行しました。その最盛期は、1987年で全国に150近くの巨大迷路がひしめき合っていました。

らんま1/2のこの作品が発表されたのは、1991年ですから、ブームは既に去っていましたが、それでもまだ、人々の記憶には巨大迷路ブームの面影が残っていた時期です。


らんま1/2 熱闘編 第30話 呪泉郷から来た殺し屋 フジテレビ 高橋留美子 2007/05/27 追加
hotwater30.jpg

例によって、良牙が道に迷っているのですが、今回は、「迷路」の中に迷いこんでしまったようです。

この話が放送されたのは、1990/6/8 ですから、原作漫画よりも、少し先だったということになります。

参照リンク
日経TRENDY 1987年ランキング
posted by ranma at 20:49 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

完璧なおわび

らんま1/2 17.09 ごめんな あかね 高橋留美子 小学館
ranma17.09.jpg

うる星やつら ワイド版 08.01 怒りのラムちゃん!!  高橋留美子 小学館
uruseiyatsura18.01.jpg

謝ることは、とても大変なことですね。
posted by ranma at 02:58 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

ぶるういんぱるすっ

らんま1/2 17.07 おねえちゃんの気持ち
ranma17.07.jpg

ブルーインパルスの、立派な編隊飛行ですね。

参照サイト
らんま1/2 ブルーインパルス
http://ranma.seesaa.net/article/15580887.html
posted by ranma at 22:18 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

三すくみ

らんま1/2 17.06 真実の告白 高橋留美子 小学館
ranma17.06.jpg

うる星やつら ワイド版 12.13 お祓三すくみ 高橋留美子 小学館
Uruseiyatsura12.13.jpg

「三すくみ(三竦み)」とは、ナメクジとヘビとカエルが互いに牽制し合って、身動きが取れなくなる状態のことを言います。これは、中国の周の時代に、関尹子(かんいんし)という人が書いた、次の言葉によるものと言われています。

蝍蛆食蛇。蛇食蛙。蛙食蝍蛆。互相食也。・・・
ムカデは蛇を食べ。蛇は蛙を食べる。蛙はムカデを食べる。互いに食い合うのだ。・・・

関尹子では、ナメクジではなく、ムカデになっているので、これは、日本で翻訳する際に間違えたのではないか? と言われていますが、しかし日本の三すくみが、関尹子だけに由来するとは限らないと思います。

江戸の頃までは、ジャンケンの一種に「虫拳」というのがあったのですが、これは、親指が「蛙」。人差し指が「蛇」。小指が「ナメクジ」という具合です。
この虫拳がどのようにして派生したかは、詳しくは分からないのですが、関尹子の誤訳から生じたとばかりは言い切れないと思います。

例えば、文化13年(1816年)に、柳亭種彦(りゅうていたねひこ)は、虫拳を題材にその名も「三蟲拇戦(むしけん)」という小説を書いているのですが、その序で次のように言っています。

 童の戯れなる虫拳というものは、いかなる事より起りけん。涅槃経(ねはんきょう)獅子吼品(シシくほん)に、蛇と鼠と狼と、相いともに怒心(どしん)を生ずることを説かれたり。・・・・・・また、五雑俎(ござっそ)に、蛇・ムカデ・イモリ・蜘蛛のあらそう事は見えたれど、これは人の取りて、一器のうちにおさむるにて、自ら戦うにあらず。かつ、今の虫拳というものの如く、蛙(あ)蛇(だ)蜒蚰(えんゆ)の三虫闘争なす事、古き書には見えず。

注:
蜒蚰(えんゆ):ナメクジのこと。
五雑俎(ござっそ):中国の明代の百科事典風随筆集


という具合に、関尹子(かんいんし)については、全く認識されていません。

ところで、Wikipediaなどには、虫拳について、「平安時代の文献にも出て来くる」とあるのですが、文献元は明記されていませんでした。平安時代のどのような文献に出てくるのか? 御存知の方情報お待ちしております。
(一般には、ジャンケンは、近世になってから中国から伝えられたと言われています)

しかし、関尹子(かんいんし)のように、ムカデとヘビが対決する話は日本にもあります。有名な話としては、栃木県の日光の戦場ヶ原にまつわる言い伝えがあります。

 昔、赤城山の神と日光二荒山(ふたらさん)の神とが戦争をした。赤城山の神は、大きなムカデに姿を変え、二荒山の神は大蛇に姿を変えて戦った。その後、二荒山(ふたらさん)の神に、足尾の細尾峠が加勢したので、赤城の神は赤城山のふもとまで追い返された。
 赤城のふもとには、里芋畑が広がっていたのだが、二荒山の大蛇の神は、里芋のイモガラが大好物で、それを食べて更に勢いを増したのだが、赤城のムカデの神は、里芋のヌメリが苦手だったので、一層の苦戦を強いられた。しかしそこへ、上野小川(こうずけおがわ)が、赤城に加勢に来たので、赤城はその勢力を盛り返し、敵を二荒山麓まで押し返した。
 二荒のふもとには、田んぼが広がっており、赤城のムカデの神はこの藁が大好物だったために、更に勢いを増した。しかし二荒の大蛇の神は、藁が苦手だったので、より一層の劣勢に陥った。
 二荒山の神はなんとか挽回しようと、鹿島の神さまに相談すると、小野猿麻呂という弓の名人に加勢させるのがよいと教えられた。そこで二荒山の神は、猿麻呂を味方にした。
 赤城山と二荒山の決戦の日、猿麻呂は強弓を用意して、赤城山のムカデの大将の目を射抜いた。こうして、二荒山は勝ちを収め、この戦場となった地は戦場ヶ原と呼ばれることとなった。

この話の面白いところは、大蛇とムカデの二極対立に、第三者が加勢することで、優勢になったり劣勢になったりを繰り返すことです。また、その第三者は、仲間の援軍であるだけでなく、山芋や藁など、意識を持たないものであったりします。そして、「里芋のヌメリ」というのは、なんとなく、ナメクジに通じるものがあるようにも思えます。(この話では、ヌメリが嫌いなのはムカデであって、ヘビではないのですが)。

蛙・蛇・ナメクジの三すくみも、もともと、蛙と蛇の二極対立があり、そこに第三者としてナメクジが現れたというような見方もできるかもしれません。

NARUTO−ナルト アニメ 96 三すくみの戦い 岸本斉史 テレビ東京
sansukumi.jpg

児雷也豪傑譚 第11編 作:美圖垣笑顔 絵:一陽斎豊国 天保10年 1839年
jiraiya.jpg

絵本児雷也物語 永田正兵衛 秀成堂 明治23年 1890年
sansukumi0.jpg

三すくみで最も有名な話は、「児雷也(自来也)」だと思います。しかし、児雷也物語の三すくみも、実際は、児雷也 VS 大蛇丸 の二極対決に、綱手が児雷也に加勢するというタイプの話になっています。三すくみというのは、思想としては面白いのですが、物語とした場合は、動かなくなって、それでおしまいですので・・・結局は、二極対決+加勢というタイプになるのだと思います。

ところで、自来也(じらいや)という名前なのですが、これは、中国の「怪盗我来也(がらいや)」という話からとられたものです。しかし、話の内容そのものはほとんど関連性がありません。

我来也は、こいきな泥棒物語で、ルパン三世でもリメイクした、イタリア映画の「新・黄金の七人」のような、「牢獄のアリバイトリック」の話などがあります。

児雷也物語の中での児雷也の名前の由来なのですが、児雷也は子供のころ太郎という名前だったのですが、ある時、庭に落ちた雷獣(らいじゅう)を捕まえたことから、雷太郎と呼ばれるようになり、そこから、児雷也となったようです。

雷獣(らいじゅう)とは、落雷とともに、地上に落ちてきて、木々を切り裂いたりすると思われた、想像上の怪物で、身体は犬のようで、口はクチバシであるとされています。

NARUTO−ナルト アニメ 66
だてに遅れたわけじゃない!究極奥義・千鳥誕生!! 岸本斉史 テレビ東京

chidori.jpg

「うちはサスケ」に伝授した、「はたけカカシ」の必殺技「千鳥」は、その技で雷を切ったことから、雷切(らいきり)と呼ばれていますが、これは、雷獣を捕まえた児雷也にちなんでいるのでしょうね。

ここでもう少しだけ、三すくみについて考えてみたいと思います。先には、2極対決+1 の戦いを見たのですが、これとは逆の発想が、二者を対決させて、両者が弱ったところを攻めてしまおうとする、漁夫の利です。

シギがハマグリを食べようとしたところ、クチバシをはさまれてしまう。両者が争って動けなくなったところを、漁夫が簡単に手に入れた。


という話です。これらを応用したのが、諸葛孔明の天下三分の計かもしれません。

三すくみを考える上で、これらの 2極対決+1 という考え方とは別に、無限連鎖という考え方もあるのではないかと思います。例えば次のような話があります。

何度も何度も食う話

 猟師が、山で獲物を探していると、一頭の猪を見つけた。しかしよく見るとそこではこんな光景が繰り広げられていた。
 大きなガマガエルが、大ミミズを食い、その大ガマを、大蛇が食い、その大蛇を猪が食おうとしていたのだ。
 猟師は今自分がこの猪を撃てば、次は自分が何者かに殺される番だと思い、撃つのをやめた。すると、「それはよい心がけだ」と、どこからか声がした。山の神さまが一部始終見ていたのだ。


これは、中国の荘子の影響を受けた話だと思いますが、無限連鎖になっています。そしてこれを、更に一歩進めると、「鼠の嫁入り」のような、鼠→太陽→雲→風→壁 と強い者を探して行き、結局一番強いのは、鼠であった。というような、循環構造の話になります。

「鼠の嫁入り(鼠の婿取り)」の話は、鎌倉時代に、無住道暁(むじゅうどうぎょう)という人によって書かれた、沙石集に収められている話なのですが、この話はインドから中国を経て日本に伝わったものです。

現在、沙石集は、小学館の日本古典文学全集52 が、一番ポピュラーだと思うのですが、残念ながら、鼠の婿取りの話は、この本には入っていません。話は次のようなものです。

沙石集 9.14 貧窮追出事

鼠の娘もうけて、「天下に並びなき婿をとらん」とおおけなく思い企てて、「日天子こそ世を照らし給う徳めでけれ」と思いて、朝日の出給うに、娘を持ちて候。「みめかたちなだらかに候。参らせん」と申すに、「我は世間を照らす徳あれども、雲にあいみれば、光もなくなるなり。雲を婿に取れ」と仰せられければ、誠にと思いて、黒き雲の見ゆるに会いて、このよし申すに、「我は日の光をかくす徳あれども、風に吹きたてられぬれば、何にてもなし。風を婿にせよ」と云う。さも思いて、山風の吹きけるに向かいて、このよし申すに、「我は雲をも吹き、木草をも吹きなびかす徳あれども、築地(つきじ)に会いぬれば力なきなり。築地を婿にせよ」と云う。げにと思いて、築地にこのよしを言うに、「我風にて動かぬ徳あれども、鼠に掘らるる時、耐えがたきなり」と言いければ、「さては、鼠に何にもすぐれたる」とて、鼠を婿に取りけり。


この循環構造の、一番単純な形が、ナメクジ・蛙・蛇の三すくみと見るこができるのではないかと思います。

2007/02/10
posted by ranma at 08:44 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

こわれ物でつながった友情

うる星やつら ワイド版 13.17 宇宙箱(こすもぼっくす)に秘められた過去 高橋留美子 小学館
Uruseiyatsura13.17.jpg

らんま1/2 17.05 乱馬なんかいらない! 高橋留美子 小学館
ranma17.05.jpg

あかねは、なびきの白い服に醤油をかけてしまったと思って、素直に謝るのですが、実は、なびきは、あかねの服を勝手に着ていた。という話ですが、こういう点に関しては、あかねはとても素直ですよね。しかし、素直で真面目ゆえに、その後、乱馬が絡んでくると、どうしても素直になれない。このコントラストが面白いところではないでしょうか?

あかね程まじめでなく、なびき程悪魔でない、ラムや弁天のこわれ物でつながった友情くらいが、楽なような気がしますがどうでしょう。
posted by ranma at 23:06 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

請求書

1ポンドの福音 週刊ヤングサンデー 2006 52号 高橋留美子
onepoundgospel01.jpg

らんま1/2 17.02 必殺技完成? 高橋留美子 小学館
ranma17.02b.jpg

らんまのこの回は、ボクシング漫画の「あしたのジョー」のオマージュになっていたようですが、ボクシング漫画つながりで、1ポンドの福音は、らんまと設定が似ている部分があるようです。



悪魔の宴
onepoundgospel01b.jpg
悪魔の宴とは、ホストクラブのことだったのですが、うる星やつらで悪魔の宴(サバト)といえば、ディスコのことでした。

うる星やつらの博物誌 ディスコ・インフェルノ
http://www.geocities.jp/urubosi82/txt/01_17.html

posted by ranma at 01:43 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

格闘ディナー究極奥義!! 犬食い

あしたのジョー 8巻 高森朝雄 ちばてつや 講談社
asitanojyo08b.jpg
力石徹は、腕をだらりと下げて、ノーガード戦法を・・・

らんま1/2 17.04 ごちそうさまのあとで 高橋留美子 小学館
ranma17.04b.jpg



あしたのジョー(完全復刻版)(8)
posted by ranma at 21:27 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

ダブル・クロスカウンター

あしたのジョー 8巻 高森朝雄 ちばてつや 講談社
asitanojyo08.jpg

矢吹丈は、力石徹に対して、のるかそるかの、ダブル・クロスカウンターを仕掛けるが、力石にかわされて・・・・

らんま1/2 17.4 ごちそうさまのあとで 高橋留美子 小学館 
ranma17.04.jpg


あしたのジョー 劇場版
あしたのジョー 劇場版
posted by ranma at 20:30 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

覗いてはならない部屋

らんま1/2 17.01 バスルームの特訓 高橋留美子 小学館
ranma17.01_a.jpg

ranma17.01b.jpg

「覗いてはならない部屋」というモチーフの話は、世界中に無数にあるのですが、代表的な話には次のようなものがあります。

謡曲 安達が原(黒塚) 
熊野の行者が全国を行脚の道で行き暮れ、安達が原の一軒に宿を求めた。あるじの老婆は糸を紡いで見せた後、焚き火の薪を取りに裏山に出かけた。
 行者は、老婆が寝床の部屋は開けるなと言ったのを不審に思い、密かに覗くと、死骸の山が累々としていた。
「これこそ安達が原の鬼の住家であったか」と笈を背負って必死に逃げた。怒った老婆は鬼の正体を表して、追いかけて来たが、行者の念仏により、すぐにもとの老婆へもどり、自分の浅ましさを恥じて、消える。

参考リンク
うる星やつらの博物誌 勇気があれば
posted by ranma at 21:34 | TrackBack(0) | らんま1/2-17巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。